INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前小林 守 ( こばやし まもる, Mamoru Kobayashi ) 著 (苫小牧駒沢大学助教授)
タイトルゲルク派による二種のコラムパ批判書
タイトル読みげるくはによるにしゅのこらむぱひはんしょ
サブタイトル
タイトル(欧文)Thee Reputtals of the dGe lgus pas against Go rams pa
サブタイトル(欧文)
該当ページ201-206(L)
媒体名 印度学仏教学研究
媒体名欧文 Journal of Indian and Buddhist Studies
通号 95
48
1
ISSN 00194344
編者 江島恵教
発行日1999-12-20
発行者日本印度学仏教学会
発行地東京
本文あり


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   チベット インド (地域) チベット仏教 (分野) 中国 (地域) インド仏教 (分野) 密教 (分野) 日本 (地域) 敦煌 (地域) 14世紀 (時代)
  時代   15世紀~16世紀 チベット (地域) チベット仏教 (分野) 仏教彫刻 (分野) 清水寺 (地域) カギュ派 (分野) インド (地域) アクバル治世 (時代)
  分野   チベット仏教 チベット (地域) インド仏教 (分野) ツォンカパ (人物) 密教 (分野) ゲルク派 (分野) 現代 (時代) 14世紀 (時代) 15世紀 (時代)
  人物   コラムパ ジャムヤン・ガロ セラ・ジェツンパ デレクニマ カルマ・ミキュドルジェ ロントゥン シャーキャチョクデン (人物) サキャパンディタ (人物) チベット仏教 (分野) ゲールク派 (分野) タクツァンパ (人物) Pramāṇavārtthika (文献) Gorampabsodnamsseṅge (人物) アティシャ (人物) コラムパ (人物) セラ・ジェツンパ (人物) デレクニマ (人物) grubmtha'irnamgzhag (文献) ハリバドラ (人物) 現観荘厳論 (文献) ケードゥプ (人物) パンチェン・ソナム・タクパ (人物) ジャムヤン・ガロ (人物) ジェツン・チューキギェルツェン (人物) カルマ・ミキュドルジェ (人物) 雷の輪 (文献) ロントゥン (人物) ツォンカパ (人物) 弥勒 (人物) 月称 (人物) 十万般若広注 (文献) 中観思想 (分野)
  文献   コラムパ批判書<ガロ作> コラムパ批判書<セラ・ジェツンパ,デレニクマ作> セラ・ジェツンパ伝記 入中論注<デレクニマ作> 見解の弁別 入中論注<コラムパ作> ロントゥン (人物) コラムパ批判書<セラ・ジェツンパ,デレニクマ作> (文献) コラムパ批判書<ガロ作> (文献) セラ・ジェツンパ伝記 (文献) 入中論注<デレクニマ作> (文献) 見解の弁別 (文献) 中論 (文献) 中論註 (文献) 入中論注<コラムパ作> (文献) dgaglan (術語)
  術語   dgag lan Go lan Śāk lan Kar lan 入中論注<コラムパ作> (文献) Golan (術語) dgaglan (術語) Śāklan (術語) Karlan (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage