INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 懐弉 [SAT] 懷弉 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
道元 (人物) (...)  曹洞宗 (分野) (...)  義介 (人物) (...)  正法眼蔵随聞記 (文献) (...)  正法眼蔵 (文献) (...)  義演 (人物) (...)  道元禅師 (人物) (...)  徹通義介 (人物) (...)  寂円 (人物) (...)  如浄 (人物) (...) 
-- 103 件ヒット
1 2 3 4 5 6
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
鎌倉の道元道元思想大系 通号 4 1995-04-15 242-278(R)詳細
正法眼蔵編成上の問題道元思想大系 通号 5 1995-09 158-166(R)詳細
Dennis J Nolan (訳)The Relation of Ejo to Eisai駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 16 1983-01 28-46(L)詳細
東 郁雄 (著)道元禅師における出家受戒と菩薩戒宗学研究 通号 28 1986-03-31 83-86(R)詳細
東 隆真 (著)「行業記」と「行状記」宗学研究 通号 6 1964-04-10 101-105(R)詳細
東 隆真 (著)道元禅師直後に於ける宗学思想の展開宗学研究 通号 7 1965-05-20 138-143(R)詳細
東 隆真 (著)「正法眼蔵抄」の成立に関する一考察宗学研究 通号 8 1966-05-20 106-114(R)詳細
東 隆真 (著)如元格外集(永平五師文集)について宗学研究 通号 9 1967-03-31 118-124(R)詳細
東 隆真 (著)『三代相論』考(1)宗学研究 通号 11 1969-03-31 55-60(R)詳細
東 隆眞 (著)『三代相論』考(2)宗学研究 通号 12 1970-03-31 85-90(R)詳細
東 隆眞 (著)『三代相論』考(3)宗学研究 通号 13 1971-03-31 71-76(R)詳細
東 隆真 (著)『三代相論』考(4)宗学研究 通号 15 1973-03-31 86-91(R)詳細
東 隆眞 (著)小間氏所蔵『永平寺三祖行業記』の紹介宗学研究 通号 27 1985-03-31 1-6(R)詳細
東 隆真 (著)正法眼蔵随聞記と正法眼蔵抄道元思想大系 通号 10 1995-09 80-164(R)詳細
石井 修道 (著)『光明蔵三昧』の引用典籍について懐弉禅師研究 通号 1981-10-30 145-174詳細
石川 光学 (著)『教授戒文』の研究宗学研究 通号 41 1999-03-31 85-90(R)詳細
石川 力山 (著)道元禅師滅後の永平寺僧団について懐弉禅師研究 通号 1981-10-30 175-202詳細
伊藤 秀憲 (著)『永平広録』説示年代考駒沢大学仏教学部論集 通号 11 1980-11 171-197詳細
伊藤 秀憲 (著)道元禅師の遺偈と鎌倉行化駒沢大学仏教学部論集 通号 12 1981-10 198-211詳細
伊藤 秀憲 (著)『正法眼蔵随聞記』より見た語録公案と只管打坐懐弉禅師研究 通号 1981-10-30 231-256詳細
1 2 3 4 5 6
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage