INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 遊戯 [SAT] 遊戲 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
フレーム (術語) (...) (術語) (...)  脱落 (術語) (...)  金銭欲 (術語) (...)  仏伝経典 (術語) (...)  天上天下唯我独尊 (術語) (...)  神変 (術語) (...)  vikrīḍita (術語) (...)  adhiṣṭhāna (術語) (...) 
-- 45 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
真宗概論(三)親鸞教学 通号 7 1965-12-10 109-120詳細
寒山詩私解(七)禅文化 通号 42 1966-09-15 17-24(R)詳細
回想の京都人生と宗教:西村恵信教授還暦記念文集 通号 1993-07-30 105-109(R)詳細
古典遊戯研究会 ()扇容曲儀礼文化 通号 13 1989-09-30 -詳細
青松 山人 (著)古月下の禅禅文化 通号 41 1966-06-15 62-63(R)詳細
石井 公成 (著)『万葉集』の恋歌と仏教駒沢大学仏教文学研究 通号 7 2004-03-31 65-96(L)詳細
岩崎 巴人 (著)禅画閑話禅文化 通号 150 1993-10-25 17-19(R)詳細
岩政 弘之 (著)悪人救済真宗学 通号 85 1992-01-20 90-103詳細
岩政 弘之 (著)悪人救済真宗学 通号 85 1992-01-20 90-103詳細
越智 淳仁 (著)『初会金剛頂経』における「加持」の用例高野山大学密教文化研究所紀要 通号 14 2001-02-25 161-259(L)詳細
小野 恭靖 (著)白隠慧鶴と近世歌謡〔四〕禅文化 通号 171 1999-01-25 31-41(R)詳細
小尾 淳 (著)「伝統」の「担い手」とは誰か南アジア研究 通号 23 2011-12-15 51-73(L)詳細
倉沢 行洋 (著)利休と芭蕉に貫通するもの人生と宗教:西村恵信教授還暦記念文集 通号 1993-07-30 337-340(R)詳細
桜井 好朗 (共著); 福間 光超 (共著)解説日本名僧論集 通号 10 1983-04 260-268(R)詳細
佐藤 道子 (著)悔過会中世寺院と法会 通号 1994-05-20 1-55詳細
静 春樹 (著)プトゥンのガナチャクラ儀軌『聚輪並びに勇者の饗宴の作法儀軌「大楽遊戯」』和訳研究その1高野山大学密教文化研究所紀要 通号 18 2005-02-25 59-88 (L)詳細あり
静 春樹 (著)プトゥンのガナチャクラ儀軌『大楽遊戯』和訳(2)高野山大学密教文化研究所紀要 通号 22 2009-02-25 59-119(L)詳細あり
静 春樹 (著)プトゥンのガナチャクラ儀軌『大楽遊戯』について印度学仏教学研究 通号 119 2009-12-20 73-77(L)詳細
静 春樹 (著)サキャパンディタ作『ガナチャクラ儀軌』について印度学仏教学研究 通号 122 2010-12-20 77-82(L)詳細
島田 茂樹 (著)〈墓場の饗宴〉とHeruka神宗教研究 通号 271 1987-03-31 349-351(R)詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage