INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 結城令聞 [SAT] [ DDB ] 結城令聞 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
長尾雅人 (人物) (...)  勝又俊教 (人物) (...)  古田紹欽 (人物) (...)  私記の時代 (文献) (...)  常陸大定 (人物) (...)  大乗阿毘達磨集論 (文献) (...)  浄土思想 (分野) (...)  結城令聞著作選集 (文献) (...)  浄土教 (分野) (...)  善導 (人物) (...) 
-- 165 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7 8 9
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
渡辺 楳雄 (著)阿毘達磨集異門足論訳を例としての翻経三蔵玄奘の翻訳混乱(主として誤訳)について印度学仏教学論集:宮本正尊教授還暦記念論文集 通号 1954-07 209-214(R)詳細
渡辺 楳雄 (著)釈尊とその教団講座仏教 通号 3 1967-09-25 51-78(R)詳細
結城 令聞 (著)成唯識論を中心とせる唐代諸家の阿頼耶識論東方學報・東京 通号 1931-03 -詳細
結城 令聞 (著)成唯識論開発の研究東方學報・東京 通号 1932-12 -詳細
結城 令聞 (著)唯識学に於ける二諦義に就いて東方學報・東京 通号 1933-11 -詳細
結城 令聞 (著)摂大乗論に於ける正聞熏習論仏教学の諸問題 通号 1935-06 680-690(R)詳細
結城 令聞 (著)長安仏教史蹟巡訪記東方學報・東京 通号 1936-12 -詳細
結城 令聞 (著)支那唯識学史上に於ける楞伽師の地位支那仏教史学 通号 1937-04-25 21-44詳細
結城 令聞 (著)山西省大同を中心とせる仏教史蹟支那仏教史学 通号 1938-03-20 120-130詳細
結城 令聞 (著)新旧両系唯識学に於ける分別性遍計所執性の新解釈東方學報・東京 通号 1939-01 -詳細
結城 令聞 (著)現代支那の宗教に就て仏教思想講座 通号 4 1939-08-20 123-146(R)詳細
結城 令聞 (著)江戸時代に於ける諸宗の唯識講学と其の学風日本仏教の歴史と理念 通号 1940-02 427-470詳細
結城 令聞 (著)転識論と唯識三十頌との同本異訳関係を疑ふ東方學報・東京 通号 1940-03 -詳細
結城 令聞 (著)朱子の排仏説に於ける根本動機支那仏教史学 通号 1940-05-05 1-13詳細
結城 令聞 (著)世親の使用せる阿頼耶識の異名とその意味東方學報・東京 通号 1941-07 -詳細
結城 令聞 (著)唯識論者の外境実有論々駁東方學報・東京 通号 1943-07 -詳細
結城 令聞 (著)霊雲寺慧光の円・密交際論宗教研究 通号 119 1944-04-30 -詳細
結城 令聞 (著)教行信証の信巻別撰についての私見宗教研究 通号 122 1949-10 146-148詳細
結城 令聞 (著)唯識二十論の背景思想とその製作についての梗概東洋文化研究所紀要 通号 2 1951-09-20 203-244(L)詳細
結城 令聞 (著)敦煌文書による摂論宗義の研究東方学 通号 3 1952-01 5-13(R)詳細
1 2 3 4 5 6 7 8 9
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage