INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: アランカーラ [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
インド修辞学 (分野) (...)  ヴィシュヴァナータ (人物) (...)  ヴァーサヴァダッター (文献) (...)  詩人 (術語) (...)  ヤマーリ (人物) (...)  ヴァールッティカ (文献) (...)  ウパマー (術語) (...)  ドーシャ (doṣa) (術語) (...)  ウパメーヤ (術語) (...)  言葉 (śabda) と意味 (artha) (術語) (...) 
-- 33 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文INBUDS ID
小林 久泰 (著)慈悲と論証日本仏教学会年報 通号 72 2007-05-25 153-167(L)詳細IB:00093733
稲見 正浩 (著)存在論認識論と論理学 / シリーズ大乗仏教 通号 9 2012-01-20 49-90(R)詳細IB:00099117
小野 基 (著)ダルマキールティ註釈者の一系譜宗教研究 通号 299 1994-03-31 182-183(R)詳細IB:00092335
小林 久泰 (著)認識と論証南都仏教 通号 85 2005-12-25 90-109(L)詳細IB:00080475
小林 信彦 (著)バーマハに引用される『ニャーサ』の著者についてオリエント学インド学論集:足利惇氏博士喜寿記念 通号 1978-05-09 461-474R)詳細IB:00046403
小野 基 (著)仏教論理学派における「内遍充」と「外遍充」インド哲学仏教思想論集:神子上恵生教授頌寿記念論集 通号 2004-03-31 457-492(L)詳細IB:00086441
小野 基 (著)仏教論理学派の一系譜哲学・思想論集 通号 21 1995-01 142-162詳細IB:00027457
稲見 正浩 (著)プラジュニャーカラグプタにおける不二知インド哲学仏教思想論集:神子上恵生教授頌寿記念論集 通号 2004-03-31 387-456(L)詳細IB:00086440
小野 基 (著)『プラマーナ・ヴァールティカ』章順問題再考宗教研究 通号 303 1995-03-31 214-215(R)詳細IB:00110700
大観 慈聖 (著)『マハーマーヤー・タントラ』第1章第3節〜第1章第5偈に対するラトナーカラシャーンティとアランカーラシュリーの解釈高野山大学密教文化研究所紀要 通号 22 2009-02-25 179-208(L)詳細IB:00144510
大観 慈聖 (著)『マハーマーヤー・タントラ』第3章第7偈〜第3章第18偈に対するアランカーラシュリーの解釈高野山大学密教文化研究所紀要 通号 23 2010-02-25 105-168(L)詳細IB:00145857
大観 慈聖 (著)『マハーマーヤー・タントラ』における念誦について印度学仏教学研究 通号 125 2011-12-20 88-93(L)詳細IB:00101724
大観 慈聖 (著)ラトナーカラシャーンティとアランカーラシュリー印度学仏教学研究 通号 117 2009-03-20 103-106(L)詳細IB:00079534
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage