INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: イエス [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
キリスト教 (分野) (...)  釈尊 (人物) (...)  パウロ (人物) (...)  比較思想 (分野) (...)  親鸞 (人物) (...)  ブッダ (人物) (...)  日蓮 (人物) (...)  摂大乗論 (文献) (...)  真諦 (人物) (...)  道元 (人物) (...) 
-- 87 件ヒット
1 2 3 4 5
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
坂東 性純 (著)『巡礼の道』における称名思想印度学仏教学研究 通号 45 1974-12-25 130-133詳細
門脇 佳吉 (著)イエスとパウロと道元講座道元 通号 5 1980-03 135-174詳細
玉城 康四郎 (著)愛に関する新約聖書と原始経典仏教思想 通号 1 1975-06-20 341-詳細
大久保 雅行 (著)イエスと日蓮の誕生宗教研究 通号 323 2000-03-30 53-54詳細
坂東 性純 (著)イエスの祈りと念仏比較思想研究 通号 3 1976-12-20 99-111(R)詳細あり
ブラフト ヤン・ヴァン (著)イエスのみ名と人格真宗教学研究 通号 15 1991-11-23 10-24詳細
坂東 性純 (著)イエスの御名を称えることについて大谷大学研究年報 通号 24 1972-02-20 69-160詳細
岩本 泰波 (著)「イスカリオテのユダ」と「提婆達多」浄土真宗とキリスト教:星野元豊教授退職記念論文集 通号 1974-04 69-106(R)詳細
竹貫 元勝 (著)祈りと沈黙解脱と救済 通号 1983-09-10 138-149(R)詳細
星野 健一 (著)上村静著『宗教の倒錯 ユダヤ教・イエス・キリスト教』法華仏教研究 通号 17 2013-12-16 312-312(R)詳細
峯岸 應哉 (著)海外の宗教放送教化研修 通号 3 1959-02-10 46-51(R)詳細
山崎 カヲル (著)解放の神学への思い季刊仏教 通号 4 1988-07-15 163-167(R)詳細
挽地 茂男 (著)語りのポリフォニー駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 60 2002-03-31 41-60(L)詳細
長谷川 洋三 (著)神とイエスの関係は本仏と迹仏の関係に等しい宗教研究 通号 323 2000-03-30 55-56詳細
玉城 康四郎 (著)神と仏宗教研究 通号 234 1977-12-31 122-123(R)詳細
八木 誠一 (著)神を知るということ季刊仏教 通号 3 1988-04-25 73-81(R)詳細
中沢 通秋 (著)救済の比較研究比較思想研究 通号 16 1990-03-31 252-255(R)詳細
妹尾 啓司 (著)キリスト教伝来と日蓮宗中世法華仏教の展開:法華経研究 通号 5 1974-12-25 525-552(R)詳細
有賀 鉄太郎 (著)キリスト教と文化の接触に関する一考察顕真学報 通号 13 1934-03-15 100-113(L)詳細
皆川 広義 (著)キリスト教における集会活動教化研修 通号 11 1968-03-31 123-125(R)詳細
1 2 3 4 5
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage