INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 南岳慧思 [SAT] 南嶽慧思 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
天台宗 (分野) (...)  慧思 (人物) (...)  智顗 (人物) (...)  天台智顗 (人物) (...)  中国仏教 (分野) (...)  聖徳太子 (人物) (...)  湛然 (人物) (...)  天台 (分野) (...)  摩訶止観 (文献) (...)  僧稠 (人物) (...) 
-- 106 件ヒット
1 2 3 4 5 6
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
宮入 真道 (著)『六妙門』金版本・金沢文庫本について駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 35 2002-04 95-102詳細
鈴木 英之 (著)了誉聖冏『鹿島問答』における聖徳太子仏教文学 通号 30 2006-03-31 45-55(R)詳細
横田 善教 (著)『立誓願文』再考浄土学仏教学論叢:高橋弘次先生古稀記念論集 通号 2 2004-11-01 521-541(R)詳細
島田 裕巳 (著)「立正安国論」を読むためのいくつかの前提福神 通号 14 2010-05-12 96-105(R)詳細
服部 清道 (著)弥勒下生の聖地天台学報 通号 5 1962-10-29 17-29詳細
田中 久夫 (著)末法思想の興起と展開 コラム①興隆・発展する仏教 / 新アジア仏教史 通号 7 2010-06-30 60-63(R)詳細
福井 康順 (著)「本地垂迹説」弁妄宗教研究 通号 214 1973-03-31 151-152(R)詳細
久米原 恒久 (著)本願念仏の一視点宗教研究 通号 283 1990-03-31 172-174詳細
辻岡 良稔 (著)法華梵網傍正の問題に就て叡山学報 通号 4 1931-11 1-22詳細
滝藤 尊教 (著)法華義疏に於ける仏性観聖徳太子研究 通号 6 1971-11-22 50-67詳細
田村 洋俊 (著)北斉慧文の周辺叡山学院研究紀要 通号 18 1996-12-15 61-75(L)詳細
柳田 聖山 (著)北宗禅の思想禅文化研究所紀要 通号 6 1974-05 67-104詳細
中尾 良信 (著)比叡山で生れた日本の禅宗と道元の仏法孤高の禅師道元 / 日本の名僧 通号 9 2003-12-01 19-49(R)詳細
織田 顕祐 (著)パネルの主旨とまとめ宗教研究 通号 359 2009-03-30 124-125(R)詳細
佐藤 秀孝 (著)入唐僧瓦屋能光について宗学研究 通号 30 1988-03-31 222-227詳細
中尾 良信 (著)日本天台宗と禅宗受容禅学研究 通号 特別 2005-07-30 211-227(R)詳細
瀧 英寛 (著)入仮と出仮大正大学綜合仏教研究所年報 通号 25 2003-03 312-337詳細
大松 博典 (著)南宋天台研究序説駒沢大学仏教学部論集 通号 11 1980-11 258-273詳細
苗村 高綱 (著)南岳慧思禅師の弥陀観宗学院論輯 通号 30 1976-03-15 100-123詳細
山野 俊郎 (著)南岳慧思『立誓願文』に関する一試論仏教学セミナー 通号 58 1993-10-30 35-56詳細
1 2 3 4 5 6
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage