INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 傘松 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
改訂増補明治校訂洞上行持軌範 (文献) (...)  搭袈裟法 (術語) (...)  土岐善麿 (人物) (...)  文珠 (術語) (...)  道元禅師伝研究 (文献) (...)  道元禅師伝の研究 (文献) (...)  中央仏教 (文献) (...)  正信論争 (術語) (...)  門馬幸夫 (人物) (...)  正法眼蔵 (文献) (...) 
-- 66 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
鏡島 元隆 (著)道元禅師と天台本覚法門宗学研究 通号 2 1960-01-26 50-57(R)詳細
永久 岳水 (著)永平傘松道詠の研究宗学研究 通号 8 1966-05-20 17-28(R)詳細
榑林 皓堂 (著)冠頭言 眼を内にむける宗学研究 通号 12 1970-03-31 1-2(R)詳細
榑林 皓堂 (著)中国曹洞禅と日本曹洞禅との相違宗学研究 通号 13 1971-03-31 1-2(R)詳細
大場 南北 (著)建撕記と傘松道詠に於ける面山和尚について宗学研究 通号 14 1972-03-31 7-13(R)詳細
新野 光亮 (著)道元禅師の「現成」について宗学研究 通号 14 1972-03-31 123-128(R)詳細
吉沢 文男 (著)仏教と経済学との間仏教経済研究 通号 4 1972-12-01 67-90(R)詳細
小林 準道 (著)永光寺五老峰の現代的意義について瑩山禅師研究:瑩山禅師六百五十回大遠忌記念論文集 通号 1974-12-20 129-295(R)詳細
川田 熊太郎 (著)但随他證去宗学研究 通号 18 1976-03-31 238-242(R)詳細
鏡島 元隆 (著)中世古祥道著『道元禅師伝研究』について駒沢大学仏教学部論集 通号 10 1979-11 257-262詳細あり
熊谷 忠興 (著)二祖国師の開山所について宗学研究 通号 22 1980-03-31 25-30(R)詳細
石川 力山 (著)『建撕記』の史料的価値(下)駒沢大学仏教学部論集 通号 11 1980-11 157-170詳細
鏡島 元隆 (著)懐奘禅師と栄西禅師懐弉禅師研究 通号 1981-10-30 1-24詳細
桜井 秀雄 (著)『正法眼蔵随聞記』にみる道元・懐奘両祖の道合懐弉禅師研究 通号 1981-10-30 25-50詳細
竹内 道雄 (著)孤雲懐奘和尚伝の研究懐弉禅師研究 通号 1981-10-30 51-76詳細
中世古 祥道 (著)叡山における二祖国師懐弉禅師研究 通号 1981-10-30 77-110詳細
河村 孝道 (著)懐奘禅師と『正法眼蔵』の謄写懐弉禅師研究 通号 1981-10-30 111-144詳細
石井 修道 (著)『光明蔵三昧』の引用典籍について懐弉禅師研究 通号 1981-10-30 145-174詳細
石川 力山 (著)道元禅師滅後の永平寺僧団について懐弉禅師研究 通号 1981-10-30 175-202詳細
高橋 秀栄 (著)達磨宗に参学した懐奘禅師懐弉禅師研究 通号 1981-10-30 203-230詳細
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage