INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 興聖寺 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
日本 (地域) (...)  鎌倉時代 (時代) (...)  永平寺 (地域) (...)  道元 (人物) (...)  日本仏教 (分野) (...)  中国 (地域) (...)  江戸時代 (時代) (...)  永平寺 (術語) (...)  東山建仁寺 (術語) (...)  波着寺 (地域) (...) 
-- 105 件ヒット
1 2 3 4 5 6
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
松本 文三郎 (著)六祖壇経の書誌学的研究(上)禅学研究 通号 17 1932-03-20 29-60(L)詳細
松本 文三郎 (著)六祖壇経の書誌学的研究(下)禅学研究 通号 18 1932-07-10 31-78(L)詳細
大屋 徳城 (著)元延祐高麗刻本六祖大師法宝壇経に就て禅学研究 通号 23 1935-07-10 1-29(L)詳細
鈴木 大拙 (著)六祖壇経に関する二三の意見大谷学報 通号 69 1938-02-15 1-18(R)詳細
大久保 道舟 (著)道元禅師の僧団結成とその会下の僧衆駒沢大学学報 通号 1941-10 87-164詳細
小林 準道 (著)興聖寺寺名に関する新考察印度学仏教学研究 通号 7 1956-01-30 150-151詳細
中西 萬松 (著)永平広録の一研究宗学研究 通号 1 1956-03-01 1-29(R)詳細
小林 準道 (著)興聖寺の寺名および開創の意義について宗学研究 通号 1 1956-03-01 30-69(R)詳細
青龍 宗二 (著)道元禅師の宗教に於ける主体性に就いて宗学研究 通号 1 1956-03-01 145-148(R)詳細
黒丸 寬之 (著)徹通禅師に於ける宗義上の一問題宗学研究 通号 2 1960-01-26 187-194(R)詳細
胡 適 (著)日本における未発見唐代禅宗史資料の組織的調査を慫慂する仏教と文化:鈴木大拙博士頌寿記念 通号 1960-10-18 15-23(L)詳細
後藤 大用 (著)仏性思想より本来無一物への展開宗学研究 通号 3 1961-03-10 64-71(R)詳細
伊藤 俊彦 (著)正法眼蔵「仏道」考宗学研究 通号 3 1961-03-10 134-141(R)詳細
服部 松斉 (著)道元禅師の御生涯とその教え教化研修 通号 8 1965-05-20 35-39(R)詳細
有木 環山 (著)学人是法受持の奥書ある嗣書巻の研究宗学研究 通号 7 1965-05-20 87-93(R)詳細
平野 宗浄 (著)伊藤古鑑著 訓註 六祖大師法宝壇経禅文化 通号 46 1967-09-15 18(R)詳細
伝道実習記教化研修 通号 11 1968-03-31 137-140(R)詳細
荻須 純道 (著)道元禅師の高風禅文化 通号 53 1969-06-15 77-84(R)詳細
木下 純一 (著)随聞記の思想とその内容宗学研究 通号 12 1970-03-31 160-172(R)詳細
中川 孝 (著)六祖壇経興聖寺本の伝承に就いて印度学仏教学研究 通号 37 1970-12-25 246-250詳細
1 2 3 4 5 6
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage