INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 有法 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
(術語) (...)  不可得 (術語) (...)  法性 (術語) (...)  法界 (術語) (...)  因中有果論 (術語) (...)  相違 (術語) (...)  因の三相 (術語) (...)  遍充 (術語) (...) 
-- 25 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
天野 信 (著)『七仏経』成立をめぐる諸問題印度学仏教学研究 通号 117 2009-03-20 231-235(L)詳細
天野 信 (著)希有未曾有法経における菩薩誕生記事の問題点龍谷大学大学院文学研究科紀要 通号 27 2005-12-10 1-16(L)詳細
立川 武蔵 (著)『倶舎論』におけるダルマについて(一)禅研究所紀要 通号 34 2005-03-31 119-133(R)詳細
上枝 いづみ (著)釈尊誕生伝説の変遷龍谷大学大学院文学研究科紀要 通号 26 2004-12-10 279-283詳細
野村 正次郎 (著)ツォンカパの空思想における空の形式について日本西蔵学会々報 通号 47 2002-03-31 31-44(L)詳細
蜷川 祥美 (著)『唯識比量鈔』の研究(2)仏教学研究 通号 56 2002-03 194-218詳細
車 承厚 (著)『大乗阿毘達磨集論』における心所有法の考察仏教福祉研究 通号 1998-12-12 345-374(R)詳細
原田 高明 (著)『因明論三十三過』について印度学仏教学研究 通号 81 1992-12-20 162-164(L)詳細
橘川 智昭 (著)有部三世実有説に於ける「世」の概念東洋大学大学院紀要 通号 27 1991-02-28 189-199詳細
所 理恵 (著)『成実論』『倶舎論』と譬喩者・経量部との関わりについて(一)密教文化 通号 170 1990-03-21 48-69(R)詳細
斎藤 明 (著)事と理, 覚え書き論集 通号 6 1990-03 -詳細
桝田 善夫 (著)阿毘達磨毘沙論の一特相仏教大学仏教文化研究所所報 通号 3 1987-03-31 2-4詳細
根無 一力 (著)因明四種相違の研究(2)龍谷大学大学院紀要 通号 7 1986-03-22 15-29(R)詳細
渡辺 重朗 (著)ニャーヤ・プーシャナに引用されたチャールヴァーカ説仏教と異宗教:雲井昭善博士古希記念 通号 1985-12-24 87-106(L)詳細
村上 真完 (著)永遠の有と転換仏教思想史 通号 2 1980-06 -詳細
桂 紹隆 (著)因明正理門論研究[二]広島大学文学部紀要 通号 1978-12-15 110-130(L)詳細
加藤 宏道 (著)三世実有法体恒有の称呼のおこり印度学仏教学研究 通号 43 1973-12-31 343-346詳細
古賀 英彦 (著)有部教義学における禅定禅文化研究所紀要 通号 4 1972-07 109-140詳細
舟橋 尚哉 (著)成実論の無我説とその思想史的位置印度学仏教学研究 通号 25 1965-01-31 239-242詳細
宮坂 宥勝 (著)仏伝に見えるナーガについて智山学報 通号 27/28 1964-11-21 145-163(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage