INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 不染汚の修証 [SAT] 不染汚の修證 [SAT] 不染污の修証 [SAT] 不染污の修證 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
只管打坐 (術語) (...)  脱落即現成 (術語) (...)  本覚法門 (術語) (...)  理解仏教 (術語) (...)  正法眼蔵 (文献) (...)  六根清浄 (術語) (...)  同参同機 (術語) (...)  修証不二 (術語) (...)  行道 (術語) (...)  正法 (術語) (...) 
-- 17 件ヒット
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文INBUDS ID
河村 孝道 (著)道元禅に於ける行道の基本的性格宗学研究 通号 6 1964-04-10 86-93(R)詳細IB:00069333
清野 宗元 (著)道元禅師の仏祖正伝観の一考察宗学研究 通号 6 1964-04-10 145-152(R)詳細IB:00069385
槫林 皓堂 (著)本証妙修の教学とその源流宗学研究 通号 8 1966-05-20 1-7(R)詳細IB:00069903
高橋 全隆 (著)不染汚の修証について宗学研究 通号 10 1968-03-31 138-149(R)詳細IB:00069871
高橋 全隆 (著)禅の修証観とその問題点曹洞宗研究員研究生研究紀要 通号 4 1972-09-20 27-35(R)詳細IB:00173884
宮本 正尊 (著)道元の思想構造道元禅の思想的研究 通号 1973-11-30 95-129(R)詳細IB:00063544
本証妙修ということ道元思想大系 通号 14 1995-09-14 306-313(R)詳細IB:00053419
清規実践の基礎的問題について道元思想大系 通号 9 1995-11 206-217(R)詳細IB:00053327
山内 舜雄 (著)『正法眼蔵聞書抄』の研究過程と宗学論争を顧みて禅研究所紀要 通号 26 1998-03 1-16詳細ありIB:00027285
井上 克人 (著)親鸞と道元宗教研究 通号 315 1998-03-30 326-327(R)詳細IB:00108953
大庭 博隆 (著)榑林宗学の目指すもの宗学研究 通号 42 2000-03-31 73-78詳細IB:00020509
金山 秋男 (著)時時行尽即現成公案明治大学教養論集 通号 357 2002-03-30 -詳細IB:00041522
菅原 研州 (著)宗義上における「正伝」の問題について宗学研究 通号 44 2002-03-31 103-108(R)詳細IB:00062966
竹村 牧男 (著)道元の修証論中世仏教の展開とその基盤 通号 2002-07 58-85詳細IB:00052303
新保 哲 (著)道元の清浄観印度学仏教学研究 通号 106 2005-03-20 20-26詳細IB:00056419
竹内 弘道 (著)現行の「宗旨」成立に関する考察宗学研究 通号 47 2005-03-31 133-138(R)詳細IB:00062646
秋 央文 (著)道元禅師における学道観の再考宗学研究紀要 通号 19 2006-03-31 87-104(R)詳細IB:00068129
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage