INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 太子和讃 [SAT] 太子和讚 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
聖徳太子 (人物) (...)  正像末和讃 (文献) (...)  教行信証 (文献) (...)  親鸞 (人物) (...)  至誠心 (術語) (...)  皇太子聖徳奉讃 (文献) (...)  三経 (文献) (...)  因果性 (術語) (...)  高僧和讚 (文献) (...)  西方指南抄 (文献) (...) 
-- 22 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
日下 無倫 (著)親鸞聖人の太子和讃について仏教研究 通号 7 1921-10-25 105-110詳細
生桑 寛明 (著)太子和讃に就いて顕真学報 通号 4 1931-05-10 108-111(L)詳細
多屋 頼俊 (著)一百十四首太子和讃考大谷学報 通号 46 1932-04-25 183-231詳細
梯 俊夫 (著)玄智師と近古の国語龍谷学報 通号 331 1941-12 122-149詳細
宮崎 円遵 (著)一百十四首太子和讃の写伝本と原形龍谷学報 通号 331 1941-12 95-121詳細
日野 環 (著)新出の親鸞聖人真筆の太子奉讃に因みて大谷学報 通号 124 1955-03-18 51-60詳細
佐々木 徹真 (著)親鸞の聖徳太子観について印度学仏教学研究 通号 6 1955-03-30 164-165詳細
成田 貞寛 (著)思円上人の太子観仏教論叢 通号 5 1956-11-10 56-60(R)詳細
小野 正康 (著)親鸞教学の因果性と歴史性宗教研究 通号 164 1960-09-30 1-27詳細
深浦 正文 (著)親鸞聖人撰聖徳太子和讃の考察龍谷大学論集 通号 365 1960-12-16 194-211詳細
橘 純孝 (著)親鸞の聖徳太子和讃について日本仏教学会年報 通号 29 1964-03 233-250詳細
藤島 達朗 (著)聖徳太子と親鸞聖人日本仏教学会年報 通号 29 1964-03 265-282詳細
小野 正康 (著)親鸞の太子和讃「和国の教主聖徳皇」宗教研究 通号 198 1969-03-31 70-71(R)詳細
波佐間 正己 (著)還相廻向の一考察龍谷教学 通号 8 1973-06-30 140-148詳細
小野 正康 (著)縦の三重層型の「哲学=倫理=宗教」と三代表としての天主教・道元学・親鸞宗宗教研究 通号 218 1974-03-30 162-164(R)詳細
常磐井 猷麿 (著)太子和讃存疑真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 19 1974-10-25 41-54詳細
成田 貞寛 (著)鎌倉期南都仏教に於ける太子信仰日本文化と浄土教論攷:井川定慶博士喜寿記念 通号 1974-11 159-168(R)詳細
小島 叡成 (著)太子信仰と親鸞仏教思想論集:奥田慈応先生喜寿記念 通号 1976-10-22 177-190(R)詳細
本井 信雄 (著)『皇太子聖徳奉讃』恵空書写本考大谷学報 通号 228 1981-01-30 65-75詳細
武田 賢寿 (著)親鸞聖人における太子信仰形成の典拠について同朋仏教 通号 23 1988-07-01 1-19(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage