INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 妻帯 [SAT] 妻帶 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
肉食 (術語) (...)  戒律 (術語) (...)  在家 (術語) (...)  核家族 (術語) (...)  教団 (術語) (...)  殺生 (術語) (...)  一神教 (術語) (...)  カルヴァン (人物) (...)  狩猟 (術語) (...)  法然門下 (術語) (...) 
-- 98 件ヒット
1 2 3 4 5
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
池田 英俊 (著)慈雲の明治仏教に与えた思想的な影響について印度学仏教学研究 通号 15 1960-01-25 178-179詳細
牧田 諦亮 (著)行誡と徹定講座近代仏教 通号 2 1961-03-10 181-194(R)詳細
尾上 寛仲 (著)中世期比叡山の階級制度印度学仏教学研究 通号 19 1962-01-25 213-216詳細
増山 順信 (著)真宗の宗風真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 7 1962-09-30 58-69詳細
円地 文子 (著)人間親鸞講座近代仏教 通号 3 1962-11-01 231-240(R)詳細
小串 侍 (著)宗祖の行状と宗風真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 10 1965-10-20 115-120詳細
疋田 精俊 (著)寺院の世襲化時期について宗教研究 通号 186 1965-10-31 101-102(R)詳細
細川 行信 (著)親鸞の「無戒名字ノ比丘」について日本仏教学会年報 通号 32 1967-03 335-347詳細
池田 英俊 (著)明治における在家仏教運動の性格印度学仏教学研究 通号 32 1968-03-31 213-216詳細
土橋 秀高 (著)真宗行儀と戒律龍谷教学 通号 3 1968-07-10 18-45詳細
月光 善弘 (著)一山寺院の衆徒について宗教研究 通号 198 1969-03-31 118-119(R)詳細
佐々木 邦麿 (著)近世寺院における妻帯僧の取扱いについて天台学報 通号 12 1970-10-25 141-144(R)詳細
森 竜吉 (著)蓮如とカルヴァン日本仏教学会年報 通号 37 1972-03 239-252詳細
林 智康 (著)親鸞と涅槃経印度学仏教学研究 通号 44 1974-03-31 177-182詳細
疋田 精俊 (著)仏教教団の変容について宗教研究 通号 222 1975-03-28 110-111(R)詳細
牧田 諦亮 (著)新しき時代と仏教民衆の仏教――宋から現代まで / アジア仏教史 通号 8 1976-06-20 155-231(R)詳細
疋田 精俊 (著)明治初期の僧風動向について智山学報 通号 39 1976-07-30 81-100(R)詳細
日野西 真定 (著)高野山の女人禁制に関する史料とその解説(二)密教文化 通号 116 1976-11-20 64-80(R)詳細
武田 賢寿 (著)親鸞聖人の太子観東海仏教 通号 21 1976-12-04 1-12詳細
月光 善弘 (著)東北地方への密教伝播智山学報 通号 40 1977-02-15 60-83(R)詳細
1 2 3 4 5
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage