INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 文選 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
遍照発揮性霊集 (文献) (...)  払惑袖中策 (文献) (...)  唐文粋 (文献) (...)  文筆要決 (文献) (...)  句端 (術語) (...)  文鏡秘府論 (文献) (...)  楚辞 (文献) (...)  高句麗絵画 (術語) (...)  日本国見在書目録 (文献) (...)  三国史記 (文献) (...) 
-- 26 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
加地 哲定 (著)文鏡秘府論概説密教研究 通号 26 1927-08-01 76-85(R)詳細
稲葉 昌丸 (著)五帖御文選定より開版までについて大谷学報 通号 47 1932-07-25 1-11詳細
房山雲居寺碑文選録東方學報 通号 6 1935-05-10 408-421(L)詳細
竹中 玄鼎 (著)無文元選の行状記について印度学仏教学研究 通号 15 1960-01-25 251-254詳細
吉岡 義豊 (著)遊山慕仙詩とその思想的背景智山学報 通号 37 1973-06-15 83-104(R)詳細
静 慈円 (著)弘法大師の上表文における文章構造の特色(下)密教文化 通号 116 1976-11-20 41-63(R)詳細
静 慈円 (著)弘法大師と辞賦文学高野山大学論叢 通号 14 1979-02-21 101-146(R)詳細
山内 啓介 (著)法談の表現と方法龍谷大学大学院紀要 通号 1 1979-03-31 21-33詳細
静 慈円 (著)弘法大師と『文選』密教文化 通号 130 1980-03-21 1-25(R)詳細
前田 専学 (著)R.ロッシェ編『インドとインド学-W・ノーマン・ブラウン博士論文選集-』東洋学報 通号 1980-03-22 143-151詳細
石井 修道 (著)<在外研究報告>内地留学報告駒沢大学仏教学部論集 通号 14 1983-10 250-258詳細あり
静 慈円 (著)弘法大師の文章における句端説(資料編)高野山大学論叢 通号 21 1986-02-21 13-71(R)詳細
岡村 繁 (著)さまよえる『文選』禅文化研究所紀要 通号 15 1988-12 59-87詳細
古田 紹欽 (著)俳諧僧丈草の歩んだ道松ヶ岡文庫研究年報 通号 3 1989-02-28 233-248(L)詳細
静 慈円 (著)『秘蔵宝鑰』にみられる「変文」の影響密教学研究 通号 21 1989-03-31 77-108(R)詳細
佐藤 義寛 (著)昭明太子蕭統と仏教西山学報 通号 40 1992-03-30 63-93(R)詳細あり
鵜飼 光昌 (著)謝霊運『金剛般若経注』の基礎的研究(下)文学部論集 通号 77 1992-12 59-75詳細
永井 政之 (訳)社会主義中国の宗教政策駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 51 1993-03-31 160-208詳細あり
上原 和 (著)高句麗絵画の日本へ及ぼした影響仏教芸術 通号 215 1994-07-30 75-103詳細
伊吹 敦 (著)再び『心王経』の成立を論ず東洋学論叢 通号 22 1997-03-30 82-106(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage