INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 無知 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
無明 (術語) (...)  払子 (術語) (...)  エゴイズム (術語) (...)  自我意識(ahaṃkāra) (術語) (...)  法界身 (術語) (...)  不増不減経 (術語) (...)  破戒 (術語) (...)  知識 (術語) (...)  煩悩 (術語) (...) (術語) (...) 
-- 76 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
日種 譲山 (著)話頭の考察(二)禅学研究 通号 8 1929-01-20 49-74(L)詳細
藤田 渓山 (著)宝蔵論に現はれた僧肇の思想(二)禅学研究 通号 8 1929-01-20 75-89(L)詳細
釜淵 清英 (著)肇論の研究(一)禅学研究 通号 20 1933-11-01 59-86(L)詳細
釜淵 清英 (著)肇論の研究(三)禅学研究 通号 22 1934-12-10 23-56(L)詳細
板野 長八 (著)慧遠僧肇の神明観を論じて道生の新説に及ぶ東洋学報 通号 1944-08-05 1-52詳細
川田 熊太郎 (著)比較形而上学に就いて印度学仏教学論集:宮本正尊教授還暦記念論文集 通号 1954-07 595-606(R)詳細
山崎 次彦 (著)知識論的立場における「無」の理解印度学仏教学論集:宮本正尊教授還暦記念論文集 通号 1954-07 65-74(R)詳細
藤堂 恭俊 (著)僧肇の般若無知攷印度学仏教学研究 通号 5 1954-09-25 133-134詳細
石上 善応 (著)avijjāとmoha印度学仏教学研究 通号 12 1958-03-30 162-165詳細
吉川 英治 (著)無知の弁禅文化 通号 20 1960-09-30 52-53(R)詳細
星野 元豊 (著)浄土とその解釈龍谷大学論集 通号 372 1962-11-25 18-40(R)詳細
上田 義文 (著)Tattvaを見る印度学仏教学論集:金倉博士古稀記念 通号 1966-10-13 209-232詳細
宇野 弘之 (著)親鸞に現れた罪悪観東洋大学大学院紀要 通号 6 1970-03-25 53-67詳細
桑原 浄昭 (著)現代に於ける真宗学のあり方真宗研究会紀要 通号 2 1970-09-10 28-41詳細
羽渓 了諦 (著)印度のピュローン仏教論説選集:羽渓了諦博士米寿祝賀記念 通号 1971-11-13 195-210(R)詳細
古坂 龍宏 (著)羅什・僧肇における「成実論」の果たした意義駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 6 1972-03 56-68詳細
岩本 泰波 (著)”無縁の慈悲”と”キリスト教にある愛”宗教研究 通号 218 1974-03-30 45-46(R)詳細
島 義徳 (著)ニヤーヤ学派における実践について宗教研究 通号 218 1974-03-30 91-92(R)詳細
原 実 (著)生苦佛の研究:玉城康四郎博士還暦記念論集 通号 1977-11-30 667-683(R)詳細
小川 宏 (著)不染無知考印度学仏教学研究 通号 51 1977-12-31 346-349詳細
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage