INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 王論 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
在家 (術語) (...)  薩遮尼乾子所説経 (文献) (...)  王の法行 (術語) (...) 
-- 100 件ヒット
1 2 3 4 5
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
堀 謙徳 (著)ヴィンセント・スミス著 阿育王論 第二版東洋学報 通号 1911-01-31 125-130詳細
椎名 宏雄 (著)傅大士と『心王銘』印度学仏教学研究 通号 32 1968-03-31 130-131詳細
岡部 長章 (著)芭蕉を支えた仏頂河南の禅要印度学仏教学研究 通号 33 1968-12-25 290-294詳細
鳥鼠 義卿 (著)三業惑乱*功存師著述願生帰命弁*に対する慧雲師の動向龍谷教学 通号 4 1969-06-30 79-97詳細
小沢 憲珠 (著)念仏三昧宝王論における念仏観の特色仏教論叢 通号 14 1970-03-30 32-38(R)詳細
早島 有毅 (著)会沢正志斎の思想仏教史学 通号 1971-05-25 75-103(R)詳細
土橋 秀高 (著)戒律と王論龍谷大学論集 通号 404 1974-06-20 20-54詳細
藤堂 恭俊 (著)中国における仏教の伝来と受容漢民族の仏教――仏教伝来から隋・唐まで / アジア仏教史 通号 7 1975-05-01 15-36(R)詳細
藤堂 恭俊 (著)江南の漢族国家における仏教の展開漢民族の仏教――仏教伝来から隋・唐まで / アジア仏教史 通号 7 1975-05-01 95-135(R)詳細
藤堂 恭俊 (著)震旦諸師の浄土教に関する著作〔第六巻〕浄土宗典籍研究 通号 1975-08-15 114-145(R)詳細
中山 正晃 (著)念仏三昧宝王論について日本仏教学会年報 通号 41 1976-03 193-206詳細
近藤 良一 (著)慈愍三蔵慧日の禅宗批判とその対象仏教の歴史的展開に見る諸形態:古田紹欽博士古稀記念論集 通号 1981-06-01 337-353(R)詳細
韓 京洙 (著)普照知訥禅師の浄土観印度学仏教学研究 通号 77 1990-12-20 125-127詳細あり
本田 正己 (著)薩遮尼乾子が説く王の守るべき徳目印度学仏教学研究 通号 100 2002-03-20 167-169(R)詳細あり
本田 正己 (著); 本田 正己 (著)薩遮尼乾子の説く衆生の罪過印度学仏教学研究 通号 102 2003-03-20 185-187(R)詳細あり
鈴木 行賢 (著)無上深妙禅門について仏教文化学会紀要 通号 12 2003-11-10 49-57(R)詳細
伊吹 敦 (著)『念仏三昧宝王論』に見る禅の動向東洋学研究 通号 41 2004-02-25 121-143(L)詳細
唐中期の仏教思想の研究(四)大正大学綜合仏教研究所年報 通号 26 2004-03-20 39-69(R)詳細
本田 正己 (著)『正法念処経』に説かれる王の法行印度学仏教学研究 通号 104 2004-03-20 196-198詳細
石川 琢道 (著)飛錫の実践論仏教論叢 通号 48 2004-03-25 89-95(R)詳細
1 2 3 4 5
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage