INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 目連 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
舎利弗 (人物) (...)  源信 (人物) (...)  女性 (術語) (...)  十誦律 (文献) (...)  魯迅 (人物) (...)  杜光庭 (人物) (...)  日本仏教 (分野) (...)  中国仏教 (分野) (...)  地獄の世界 (分野) (...)  道教霊験記 (文献) (...) 
-- 91 件ヒット
1 2 3 4 5
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
六足論の発達(一)仏教学徒 通号 5 1933-10-15 1-47(R)詳細
加藤 精神 (著)釈尊の説法に対する私見思想と文学 通号 1937-11-23 10-14詳細
金岡 照光 (著)舜子至孝変文の諸問題大倉山学院紀要 通号 2 1956-10 167-190(L)詳細
金岡 照光 (著)中国民間における目連説話の性格仏教史学 通号 1959-02-28 16-37(R)詳細
金岡 照光 (著)目連変文三種大倉山学院紀要 通号 3 1959-04 169-193(L)詳細
金岡 照光 (著)唐代民間孝子譚の仏教的一断面東洋大学紀要 通号 13 1959-05-25 33-42詳細
小川 貫弌 (著)目連救母変文の源流仏教文学研究 通号 1964-02 7-46(R)詳細
岩本 裕 (著)縁起の文学東方学 通号 30 1965-07 92-101(R)詳細
石上 善応 (著)目連説話の位置宗教研究 通号 186 1965-10-31 64-65(R)詳細
岡部 和雄 (著)「浄土盂蘭盆経」の成立とその背景鈴木学術財団研究年報 通号 2 1966-03-31 59-71詳細
下間 一頼 ()目蓮「地獄めぐり」説話の源流仏教文学研究 通号 1967-05 43-67(R)詳細
田上 太秀 (著)原始仏教教団における出家の動機について駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 29 1971-03-15 113-142詳細
道端 良秀 (著)日本浄土教と孝の倫理日本文化と浄土教論攷:井川定慶博士喜寿記念 通号 1974-11 553-561(R)詳細
加藤 精一 (著)舎利弗の帰仏に関する一、二の問題仏教学論文集:伊藤真城・田中順照両教授頌徳記念 通号 1979-11 103-126詳細
松倉 文比古 (著)『旧事本紀』物部氏系譜について日本の社会と宗教:千葉乗隆博士還暦記念論集 通号 1981-12-22 22-62(R)詳細
道端 良秀 (著)敦煌文献に見える死後の世界講座敦煌 通号 7 1984-12-14 501-536(R)詳細
金岡 照光 (著)敦煌本『盂蘭盆経』雑感道教と宗教文化 通号 1987-03 209-224(R)詳細
新井 慧誉 (著)チベット文『目連救母経』和訳インド学仏教学論集:高崎直道博士還暦記念論集 通号 1987-10-30 427-445(R)詳細
菅村 亨 (著)極楽寺本『六道絵』について仏教芸術 通号 175 1987-11-30 51-71(R)詳細
岩本 裕 (著)うらぼんと地獄聖地と他界観 / 仏教民俗学大系 通号 3 1987-12-25 393-408詳細
1 2 3 4 5
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage