INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 四摂 [SAT] 四攝 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
理趣経法 (術語) (...)  四明 (術語) (...)  後四波羅蜜行 (術語) (...)  四力 (術語) (...)  八供養 (術語) (...)  総大日印 (術語) (...) 
-- 65 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
木川 敏雄 (著)仏教カウンセリング(4)仏教学会報 通号 11 1985-12-21 16-23(R)詳細
桜井 秀雄 (著)曹洞宗教団論論集日本仏教史 通号 8 1987-12 189-206(R)詳細
森口 光俊 (著)Vajradhātu-mukh'ākhyāna-deguri-vidhiḥIII密教文化 通号 162 1988-03-21 126-106(L)詳細
武井 昭 (著)「共同体」の仏教的、経済的基礎仏教経済研究 通号 17 1988-04-15 73-100詳細
高橋 正已 (著)『正法眼蔵』における「四摂法」の社会的意義とその役割宗学研究 通号 31 1989-03-31 221-226(R)詳細
笠井 貞 (著)道元禅師の慈悲観宗学研究 通号 32 1990-03-31 93-98(R)詳細
伊藤 道哉 (著)誰のため、何のための移植か?印度学仏教学研究 通号 77 1990-12-20 331-337詳細
清水 裕道 (著)四摂法における現代的表詮について教化研修 通号 34 1991-03-31 72-75(R)詳細
家田 隆現 (著)仏教身心論と領域健康に関する実践と考察 日本仏教教育学研究 通号 3 1995-03 24-44(R)詳細
常行堂の宝冠阿弥陀像をめぐる一・二の問題宗教研究 通号 303 1995-03-31 330-331(R)詳細
福原 亮嚴 (著)仏法と救済の究極を狙った道元道元思想大系 通号 19 1995-07-15 153-214(R)詳細
増永 俊一 (著)日本における戦後五十年と宗教平和と宗教 通号 14 1995-12-15 35-47(R)詳細
岡島 秀隆 (著)禅仏教の提示する和平の境位日本仏教学会年報 通号 61 1996-05-25 185-197詳細
佐藤 達全 (著)四摂法の実践と仏教保育教化研修 通号 40 1997-03-31 204-208(R)詳細
菅沼 晃 (著)「共生」の現代的意義と仏教における「共生」の原理仏教を中心とした共生の原理の総合的研究 通号 1999-01 3-13(L)詳細
松本 皓一 (著)環境問題と教化の理念教化研修 通号 43 1999-03-31 29-34(R)詳細
柚木 祖元 (著)宗典『修証義』の解説書などにみる差別事象について(その2)宗学研究 通号 41 1999-03-31 264-269(R)詳細
菅原 諭貴 (著)宮沢賢治の仏教的世界宗教研究 通号 323 2000-03-30 339-340詳細
ひろ さちや (著)われらはみな仏の子なり福神 通号 5 2000-11-21 44-51(R)詳細
木下 純一 (著)禅の実践原理「四摂法」について宗学研究 通号 43 2001-03-31 59-64(R)詳細
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage