INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 月輪 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
三身説 (術語) (...)  自性清浄心 (術語) (...)  月輪相 (術語) (...)  続門葉和歌集 (文献) (...)  雲井 (術語) (...)  曼荼羅的表現 (術語) (...)  両界曼荼羅 (術語) (...)  金剛喩三昧 (術語) (...)  bhaga (術語) (...)  二仏平等 (術語) (...) 
-- 155 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7 8
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
月輪 賢隆 (共著); 芳村 修基 (共著)[如来荘厳智慧光]明経残巻西域文化研究 通号 1 1958-03-31 136-140(R)詳細
月輪 賢隆 (著)大日経の本文検討二三中野教授古稀記念論文集 通号 1960-10 127-144(R)詳細
月輪 賢隆 (著)教行信証引用の華厳経梵文について龍谷大学論集 通号 365 1960-12-16 326-349詳細
月輪 賢隆 (著)聖堅師とその訳経について仏教学研究 通号 18/19 1961-10-01 1-28詳細
高田 仁覚 (著)密教と如来蔵教学との関係(下)密教文化 通号 62 1963-02-25 13-19(R)詳細
松崎 恵水 (著)興教大師の菩提心観豊山学報 通号 9 1963-03-30 87-98詳細
月輪 賢隆 (著)チベット所伝釈尊入滅の図相西域文化研究 通号 6 1963-03-31 75-91(R)詳細
月輪 賢隆 (著)西蔵訳大日経并に註釈(抄訳)密教学 通号 1 1965-07-30 67-116詳細
渡辺 秀明 (著)「阿字観」を顧みて密教学会報 通号 5 1966-03-30 42-44(R)詳細
福田 尊明 (著)三摩地心の趣意密教学会報 通号 6 1967-05-25 36-39(R)詳細
月輪 賢隆 (著)仏性について講座仏教 通号 2 1967-09-25 7-52(R)詳細
月輪 賢隆 (著)阿弥陀仏の浸透性浄土教思想研究:大原先生古稀記念 通号 1967-11 279-302詳細
慈円の釈教歌仏教文学研究 通号 1968-06 117-149(R)詳細
藤田 宏達 (著)『観無量寿経』の撰述問題印度学仏教学研究 通号 34 1969-03-31 20-27詳細
竹村 俊則 (著)古寺巡礼——泉涌寺仏教芸術 通号 78 1970-11-10 68-74(R)詳細
水谷 幸正 (著)浄土教における如来蔵思想の研究仏教論叢 通号 15 1971-03-30 10-16(R)詳細
深沢 宏 (著)山本達郎・荒松雄・月輪時房共著 デリー-デリー諸王朝時代の建造物の研究(三巻)-東洋学報 通号 1971-06-30 101-109詳細
菅 英尚 (著)月輪賢隆著『仏典の批判的研究』仏教学研究 通号 28 1972-03-31 64-67(R)詳細
松崎 恵水 (著)興教大師覚鑁の一期大要秘密集について印度学仏教学研究 通号 40 1972-03-31 251-255詳細
堂谷 憲勇 (著)寒山捨得図について(前篇)禅文化 通号 68 1973-03-15 52-61(R)詳細
1 2 3 4 5 6 7 8
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage