INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 末法灯明記 [SAT] 末法燈明記 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
教行信証 (文献) (...)  顕戒論 (文献) (...)  正像末和讃 (文献) (...)  親鸞 (人物) (...)  法然 (人物) (...)  安楽集 (文献) (...)  最澄 (人物) (...)  末法思想 (術語) (...)  涅槃経 (文献) (...)  興福寺奏状 (文献) (...) 
-- 130 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
三田 全信 (著)立教開宗と持戒問題法然上人研究:浄土宗開宗八百年記念 通号 1975-07 49-79(R)詳細
朝枝 善照 (著)末法灯明記について印度学仏教学研究 通号 48 1976-03-31 292-295詳細
楫 由美子 (著)三願転入について親鸞教学 通号 28 1976-06-30 39-46詳細
浅井 円道 (著)日蓮を中心としてみたる悪の超克仏教思想 通号 2 1976-11-20 231-250(R)詳細
石田 瑞麿 (著)日本における末法思想仏教思想 通号 2 1976-11-20 357-384(R)詳細
神戸 和麿 (著)『教行信証』にあらわれた「魔」の意味同朋仏教 通号 9/10 1976-12-01 89-132(R)詳細
武田 賢寿 (著)真宗と戒律教行信証化身土末巻の研究 通号 1976-12-01 161-178詳細
武田 賢寿 (著)真宗と戒律同朋仏教 通号 9/10 1976-12-01 161-178(R)詳細
坂東 性純 (著)『末法灯明記』の思想的意義真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 21 1976-12-25 121-131詳細
松原 祐善 (著)金子大栄先生を追憶して親鸞教学 通号 30 1977-07-10 1-11詳細
川瀬 和敬 (著)正像末法和讃を拝読して同朋仏教 通号 12 1978-07-01 105-126(R)詳細
松浦 正昭 (著)“愚禿”自称の祖意同朋仏教 通号 13 1979-07-01 1-16(R)詳細
林 信康 (著)近代真宗倫理思想研究真宗研究会紀要 通号 13 1980-03-25 44-59詳細
大橋 俊雄 (著)末法灯明記をめぐる諸問題伝教大師研究 通号 1980-10 131-149(R)詳細
田村 圓澄 (著)『末法灯明記』について伝教大師研究 通号 1980-10 765-780(R)詳細
仁戸田 六三郎 (著)末法灯明記に関する考察伝教大師研究 通号 1980-10 1061-1078(R)詳細
宮崎 圓遵 (著)伝教大師と親鸞聖人伝教大師研究 通号 1980-10 1463-1472(R)詳細
『末法灯明記』の撰述事情仏教の歴史と文化:仏教史学会30周年記念論集 通号 1980-12-15 504-520(R)詳細
長田 智竜 (著)伝教大師と親鸞聖人真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 26 1982-02-28 137-150詳細
武田 賢寿 (著)鎌倉仏教における末法無戒の実践的意義同朋仏教 通号 15/16 1982-07-01 45-59(R)詳細
1 2 3 4 5 6 7
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage