INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 業論 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
業説 (術語) (...)  輪廻 (術語) (...)  不失法 (術語) (...)  三時業 (術語) (...)  因果 (術語) (...)  部落問題 (術語) (...)  功徳 (術語) (...)  修証義 (文献) (...)  社会性 (術語) (...)  無我説 (術語) (...) 
-- 166 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7 8 9
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
三友 健容 (著)アビダルマ仏教における無表業論の展開(四)印度学仏教学研究 通号 52 1978-03-20 364-368詳細
山本 仏骨 (著)道綽(安楽集を中心にして)講座親鸞の思想 通号 6 1978-06 73-140詳細
荒井 央 (著)業施設論における無表について印度学仏教学研究 通号 53 1978-12-31 172-173詳細
梶山 雄一 (著)バーヴァヴィヴェーカの業思想業思想研究 通号 1979-02 305-357(R)詳細
桜部 建 (著)『倶舎論』に見える業論業思想研究 通号 1979-02 285-304(R)詳細
古田 和弘 (著)初期中国仏教における業論業思想研究 通号 1979-02 619-638(R)詳細
古田 和弘 (著)「報応論」と「神不滅論」大谷大学研究年報 通号 31 1979-02-20 97-140詳細
谷川 泰教 (著)ジャイナ教の解脱観日本仏教学会年報 通号 44 1979-03 31-(L)詳細
西 義雄 (著)説一切有部宗と初期大乗との関係東洋学研究 通号 13 1979-03-31 1-8詳細
田中 章友 (著)阿毘達磨仏教の業論中央学術研究所紀要 通号 8 1979-06-10 139-148詳細
田中 教照 (著)アッタサーリニーの業論と修行道印度学仏教学研究 通号 55 1979-12-31 306-311詳細
道端 良秀 (著)中国における仏教と他教との対論仏教思想史 通号 2 1980-06 -詳細
福原 隆善 (著)源信の浄業論印度学仏教学研究 通号 59 1981-12-31 34-39詳細
福原 亮厳 (著)科学思想と業説との関渉印度学仏教学研究 通号 59 1981-12-31 265-268詳細
兵藤 一夫 (著)『成業論』における異熟識説印度学仏教学研究 通号 60 1982-03-31 44-47(L)詳細
荒井 行央 (著)意志と行動印度学仏教学研究 通号 61 1982-12-25 122-123詳細
東 智学 (著)昨今の卒業論文密教学会報 通号 22 1983-03-15 31-35詳細
加治 洋一 (訳); Schmithausen Lambert (著)『二十論』と『三十論』にみられる経量部的前提仏教学セミナー 通号 37 1983-05-30 1-24(L)詳細
柏原 信行 (著)パーリ仏教の悪業論印度学仏教学研究 通号 64 1984-03-25 47-50(L)詳細
松田 和信 (著)Vasubandhu研究ノート(1)印度学仏教学研究 通号 64 1984-03-25 82-85(L)詳細
1 2 3 4 5 6 7 8 9
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage