INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 法住 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
蓮如 (人物) (...)  道西 (人物) (...)  頼瑜 (人物) (...)  真言宗 (分野) (...)  道範 (人物) (...)  曇寂 (人物) (...)  チャンドラアーナンダ (人物) (...)  快道 (人物) (...)  慈雲 (人物) (...)  慈霊 (人物) (...) 
-- 66 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
道端 良秀 (著)羅漢信仰と社会福祉佛教福祉 通号 8 1982-01-25 96-104(R)詳細
北條 賢三 (著)江戸時代後期の仏教思想界に現われた印度哲学研究の先駆者たち宗教研究 通号 255 1983-03-31 191-192(R)詳細
中村 興二 (著)羅漢図と高僧伝南都仏教 通号 51 1983-12-30 62-84(R)詳細
早島 鏡正 (著)諸仏の出世本懐と正法住武蔵野女子大学仏教文化研究所紀要 通号 4 1986-03-31 23-39(L)詳細
粟谷 良道 (著)正法眼蔵における尽十方界印度学仏教学研究 通号 69 1986-12-25 219-222詳細
梶谷 亮治 (著)十六羅漢像について仏教芸術 通号 172 1987-05-30 117-133(R)詳細
田中 教照 (著)部派仏教における智の展開インド学仏教学論集:高崎直道博士還暦記念論集 通号 1987-10-30 327-342(R)詳細
朧谷 寿 (著)最勝光院東アジアと日本 宗教・文学編 通号 1987-12 217-241(R)詳細
北條 賢三 (著)智幢法住師の生涯と事蹟豊山学報 通号 34 1989-03-21 1-25詳細
石島 尚雄 (著)「是法住法位世間相常住」の考察宗学研究 通号 31 1989-03-31 60-65(R)詳細
石島 尚雄 (著)道元禅師と天台論義宗学研究 通号 32 1990-03-31 87-92(R)詳細
神田 千里 (著)『本福寺跡書』に関する一考察仏教史学研究 通号 1990-10-27 33-59(L)詳細
盧 官坪 (著)三国時代(朝鮮半島)の仏教受容天台学報 通号 33 1991-10-16 94-97(R)詳細
北條 賢三 (著/訳)七句義論をめぐって豊山学報 通号 36/37 1992-03-21 1-42(L)詳細
鈴木 善鳳 (著)『摧邪輪』における法然批判の性格印度学仏教学研究 通号 83 1993-12-25 71-74詳細
天納 久和 (著)羅漢供式について天台学報 通号 36 1994-10-30 78-82(R)詳細
盧 在性 (著)澄観『華厳経疏鈔』の流伝について仏教文化の展開:大久保良順先生傘寿記念論文集 通号 1994-11-24 265-286詳細
巌 環 (著)夏報恩講の休止について豊山教学大会紀要 通号 22 1994-12-10 169-179詳細
名畑 崇 (著)蓮如上人初期の教化講座蓮如 通号 1 1996-12-04 147-169(R)詳細
西川 幸治 (著)蓮如の町づくり講座蓮如 通号 4 1997-07-16 319-342(R)詳細
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage