INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 開顕 [SAT] 開顯 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
止観勝法華劣 (術語) (...)  一致派 (術語) (...)  易行品 (文献) (...)  他力義 (術語) (...)  法華文句 (文献) (...)  権実 (術語) (...) 
-- 88 件ヒット
1 2 3 4 5
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
都守 基一 (著)真如院日住『観心本尊鈔見聞』の一考察日蓮教学研究所紀要 通号 26 1998-03-10 1-22詳細
小野 蓮明 (著)蓮如における真宗の顕揚印度学仏教学研究 通号 92 1998-03-20 228-236詳細
瓜生 正広 (著)親鸞の『往生論註』からの開顕日本仏教文化論叢:北畠典生博士古稀記念論文集 通号 2 1998-06-08 349-368詳細
片岡 啓 (著)永遠のダルマと顕在化インド哲学仏教学研究 通号 6 1999-03-20 3-16(L)詳細
片岡 邦雄 (著)『本尊抄』における「初」・「始」の字について(そのI)大崎学報 通号 155 1999-03-31 55-72詳細
高橋 事久 (著)専修念仏考世界文化と仏教:山田明爾教授還暦記念論文集 通号 2000-03-23 509-520(R)詳細
岩永 正晴 (著)斧山玄鈯の参学について(二)宗学研究 通号 42 2000-03-31 161-166詳細
三崎 義泉 (著)摩訶止観と徒然草(VI)天台学報 通号 42 2000-11-06 7-15(R)詳細
塚本 啓祥 (著)正法の原義とその展開法華経の思想と展開:法華経研究 通号 13 2001-03-20 49-92詳細
村中 祐生 (著)法華経の開顕と権実法華経の思想と展開:法華経研究 通号 13 2001-03-20 327-349詳細
岡本 法治 (著)本願力廻向の開顕-その1龍谷教学 通号 36 2001-04-01 51-74詳細
梯 実円 (著)涅槃の浄土仏教から真宗へ:瓜生津隆真博士退職記念論集 通号 2003-03-20 257-278詳細
本明 義樹 (著)「顕浄土真実信文類」開顕の意義真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 49 2005-01-30 50-64(R)詳細
安冨 信哉 (著)信の開顕親鸞教学 通号 86 2005-12-20 1-16(R)詳細
藤元 雅文 (著)誓願一仏乗開顕の意義について宗教研究 通号 347 2006-03-30 305-306(R)詳細
伊東 恵深 (著)浄土の開顕現代と親鸞 通号 11 2006-12-01 2-24(R)詳細
藤元 雅文 (著)親鸞における一仏乗開顕の視座親鸞教学 通号 89 2007-03-30 36-50(R)詳細
小林 正樹 (著)松原利予の仏性観に関する一考察中央学術研究所紀要 通号 36 2007-11-19 180-195(L)詳細
棚次 正和 (著)秘密と開顕のあわい高野山大学密教文化研究所紀要 通号 21 2008-02-25 1-27詳細あり
宮部 亮侑 (著)日本天台諸師の通相三観釈大正大学綜合仏教研究所年報 通号 30 2008-03-31 276-276(R)詳細
1 2 3 4 5
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage