INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 阿育王 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
インド仏教 (分野) (...)  仏教建築 (分野) (...)  釈尊 (人物) (...)  仏教学 (分野) (...)  インド仏教史 (分野) (...)  鹿野苑 (術語) (...)  インド (地域) (...)  高僧伝 (文献) (...)  aśoka王 (術語) (...)  仏滅年代 (術語) (...) 
-- 117 件ヒット
1 2 3 4 5 6
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
山田 竜城 (著)般若経典類の形成された時代の背景東北大学文学部研究年報 通号 2 1951-03 1-41詳細
古江 亮仁 (著)阿育王霊迹思想補考宗教文化 通号 6 1951-06-20 43-47詳細
木村 日紀 (著)大乗菩薩思想へ影響せる二大宗教運動望月歓厚先生古稀記念論文集 通号 1951-11 70-88(R)詳細
逸見 梅栄 (著)インド美術の展開と影響仏教芸術 通号 17 1952-12-25 10-16詳細
山田 竜城 (著)マトゥーラの伝えから仏教学研究 通号 8/9 1953-08-15 156-168詳細
花山 勝道 (著)雑阿含の現在形成立年代について印度学仏教学研究 通号 5 1954-09-25 314-317詳細
花山 勝道 (著)雑阿含経の阿育王譬喩 Aśokāvadānaについて大倉山学院紀要 通号 1 1954-12 42-54(L)詳細
春日井 真也 (著)阿育王詔勅刻文の社会背景印度学仏教学論叢:山口博士還暦記念 通号 1955-11-01 96-102(R)詳細
中村 元 (著)アショーカ王の宗教政策(一)仏教史学 通号 1956-01-25 1-12(R)詳細
水野 弘元 (著)阿育王時代に部派は存在していたか印度学仏教学研究 通号 12 1958-03-30 84-91詳細
賀幡 亮俊 (著)部派仏教々団形成に関する考察仏教文化研究 通号 8 1959-03-31 89-90(R)詳細あり
村田 治郎 (著)仏舎利をまつる建築仏教芸術 通号 38 1959-04-20 1-22(R)詳細
塚本 善隆 (著)訳注 魏書釈老志(三)仏教文化研究 通号 9 1960-03-31 73-92(R)詳細あり
徳岡 亮英 (著)印度仏教における部派について大谷学報 通号 147 1960-12-20 43-69詳細
和田 謙壽 (著)日本仏教習俗における環境支配論の研究宗学研究 通号 3 1961-03-10 72-77(R)詳細
高峯 了州 (著)仏蹟巡拝雑考(上)仏教学研究 通号 22 1966-01-15 35-44詳細
干潟 龍祥 (著)原始仏教教団史の研究鈴木学術財団研究年報 通号 3 1967-03-31 153-157詳細
金倉 円照 (著)中村元著「インド古代史」上下鈴木学術財団研究年報 通号 4 1968-03-31 101-105詳細
高橋 事久 (著)秘仏宗教研究 通号 202 1970-03-31 9-11(R)詳細
福原 蓮月 (著)仏教福祉の概念印度学仏教学研究 通号 37 1970-12-25 166-167詳細
1 2 3 4 5 6
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage