INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 月光 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
日光 (術語) (...)  虚空蔵 (術語) (...) 
-- 64 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
蜜波羅 鳳洲 (著)三昧王経の研究(3)密教文化 通号 119 1977-11-01 96-81(L)詳細
中山 彰信 (著)宗教的存在観についての研究宗教研究 通号 355 2008-03-30 314-315(R)詳細
月光 善弘 (著)宗教と儀礼論集 通号 13 1986-12-31 131-135(L)詳細
月光 善弘 (著)宗派の社会的規制寺と地域社会 / 仏教民俗学大系 通号 7 1992-08-10 33-48(R)詳細
栗原 正和 (著)ジャータカ(Jātaka)・アヴァダーナ(Avadāna)における捨身供養印度学仏教学研究 通号 123 2011-03-20 186-189(L)詳細
山本 快竜 (著)数論派の有情観印度哲学と仏教の諸問題:宇井伯寿博士還暦記念論文集 通号 1951-12-15 551-563(R)詳細
気賀沢 保規 (著)隋末弥勒教の乱をめぐる一考察仏教史学研究 通号 1981-01-30 15-32詳細
小林 芳規 (著)醍醐寺蔵「薬師」二本について醍醐寺文化財研究所研究紀要 通号 6 1984-03-30 44-60詳細
田中 英道 (著)大仏師、国中連公麻呂の作品の様式的認定東北大学文学部研究年報 通号 41 1993-03-31 1-34詳細
ケサン ツルティム(白館戒雲) (著)中観派と唯心派における種姓と如来蔵について印度学仏教学研究 通号 126 2012-03-20 160-167(L)詳細あり
水野 荘平 (著)中国仏教における護国思想の受容過程について印度学仏教学研究 通号 119 2009-12-20 261-266(R)詳細
長谷川 岳史 (著)中国仏教における人と自然の関係考日本仏教学会年報 通号 68 2003-05-20 267-279詳細
月光 善弘 (著)出羽三山奥之院湯殿山をめぐる問題宗教研究 通号 291 1992-03-31 348-350(R)詳細
月光 善弘 (著)出羽三山をめぐる真言・天台両宗の争い宗教研究 通号 166 1961-01-15 29-30(R)詳細
川瀬 由照 (論文)東大寺法華堂執金剛神像の造立と原所在について南都仏教 通号 72 1995-11-25 17-39(R)詳細
月光 善弘 (著)東北地方における白山信仰について宗教研究 通号 177 1964-01-31 97-98(R)詳細
月光 善弘 (著)東北地方に浸透した密教と清浄心論集 通号 5 1978-12-31 122-124(R)詳細
月光 善弘 (著)東北地方への密教伝播智山学報 通号 40 1977-02-15 60-83(R)詳細
月光 善弘 (著)東北における一山寺院と高野山組織との関連性宗教研究 通号 190 1967-03-31 192-193(R)詳細
月光 善弘 (著)東北における一山寺院の形成過程・変遷およびその性格宗教研究 通号 186 1965-10-31 103-105(R)詳細
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage