INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 悔過 [SAT] [ DDB ] 悔過 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
懺悔 (術語) (...)  修正会 (術語) (...)  十一面悔過 (術語) (...)  現世利益 (術語) (...)  阿弥陀仏 (術語) (...)  仏名 (術語) (...)  呪術 (術語) (...)  懺法 (術語) (...)  十一面神呪心経 (文献) (...)  許す (術語) (...) 
-- 73 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
中御門 敬教 (著)三品の再解釈印度学仏教学研究 通号 97 2000-12-20 79-82(L)詳細
中御門 敬教 (訳)『三曼陀跋陀羅菩薩経』試訳(1)仏教大学大学院紀要 通号 27 1999-03-01 1-13(L)詳細
山下 善永 (著)修正会祖先崇拝と仏教 / 智山伝法院選書 通号 5 1998-12-01 133-136(R)詳細
森 章司 (著)原始仏教経典における‘kṣama(懴悔)'について東洋学論叢 通号 23 1998-03-31 66-103(L)詳細
藤近 恵市 (著)『十住毘婆沙論』における罪と畏れについて宗教研究 通号 315 1998-03-30 195-196(R)詳細
中御門 敬教 (著)『舎利弗悔過経』試訳佛教大学仏教学会紀要 通号 6 1998-03-25 1-31(L)詳細
藤近 恵市 (著)阿弥陀仏と悔過印度学仏教学研究 通号 92 1998-03-20 84-88詳細
藤近 恵市 (著)三品悔過における宗教儀礼宗教研究 通号 311 1997-03-30 274-275(R)詳細
藤近 恵市 (著)初期大乗経典における普賢行の一考察印度学仏教学研究 通号 90 1997-03-20 193-196詳細
藤近 恵市 (著)『三品経』の懺悔について印度学仏教学研究 通号 87 1995-12-20 22-26詳細
勝浦 令子 (著)八世紀の内裏仏事と女性仏教史学研究 通号 1995-09-30 68-93(L)詳細
小林 信彦 (著)薬師信仰岩波講座 日本文学と仏教 通号 7 1995-01-27 103-120詳細
松長 有慶 (著)五悔の系譜密教大系 通号 9 1994-11-30 257-271詳細
三崎 良周 (著)奈良時代の密教における諸問題密教大系 通号 4 1994-07-21 27-56詳細
川村 知行 (著)「二月堂」の成立と本尊中世寺院と法会 通号 1994-05-20 214-253詳細
佐藤 道子 (著)悔過会中世寺院と法会 通号 1994-05-20 1-55詳細
「悔過の儀礼について」宗教研究 通号 295 1993-03-31 243-244(R)詳細
松長 宥慶 (著)懺悔の系譜興教大師覚鑁研究:興教大師八百五十年御遠忌記念論集 通号 1992-12-12 127-142詳細
西瀬 英紀 (著)吉祥悔過と毘沙門天俗信と仏教 / 仏教民俗学大系 通号 8 1992-11-30 225-239(R)詳細
高橋 美都 (著)醍醐寺の悔過会と関連行事について醍醐寺の密教と社会 通号 1991-02-28 189-233詳細
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage