INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: イーシュヴァラ [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
自在天 (術語) (...)  四大天王 (術語) (...)  ヤティーンドラマタディーピカー (文献) (...)  ヨーガ・スートラ (文献) (...)  存在論証 (術語) (...)  ブラフマン (術語) (...)  キリスト教と仏教 (術語) (...) 
-- 19 件ヒット
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
Edkins Joseph (著)仏教と印度旧神話との関係東洋哲学 通号 1894-10-02 338-340詳細
北條 賢三 (著)ヴァイシェーシカにおけるイーシュヴァラの概念密教学研究 通号 2 1970-03-21 258-243(L)詳細
泰本 融 (著)ニヤーヤ学派における神の存在の証明宗教研究 通号 202 1970-03-31 91-92(R)詳細
瓜生津 隆真 (著)イーシュヴァラ・ギーターにおけるアートマンの概念自我と無我――インド思想と仏教の根本問題 通号 1976-11 357-378(R)詳細
村上 真完 (著)サーンクヤ哲学における業の問題業思想研究 通号 1979-02 535-578(R)詳細
山口 恵照 (著)本多恵著『サーンキャ哲学研究』上宗教研究 通号 249 1981-09-30 96-98詳細
石飛 道子 (著)ニヤーヤ派の主宰神論宗教研究 通号 269 1986-09-30 21(163)-45(187)詳細
宮本 久義 (著)サーンキヤ哲学における時間概念東洋研究 通号 91 1989-03-01 27-49詳細
松本 照敬 (著 )ラーマーヌジャ派における最高神の概念伊原照蓮博士古稀記念論文集 通号 1991-08-31 299-315(L)詳細
今西 順吉 (著)『金七十論』の本文批評我の思想:前田専学先生還暦記念 通号 1991-10-30 417-427(L)詳細
コブ ジョン・B (著); 篠崎 友伸 (訳)神と仏教(上)中央学術研究所紀要 通号 20 1991-12-01 29-41詳細
有賀 弘紀 (著)原質への試み仏教学 通号 33 1992-09 69-89詳細
松原 光法 (著)『イーシュヴァラ・サンヒター』と『パーラメーシュヴァラ・サンヒター』密教文化 通号 190 1995-02-25 100-88(L)詳細
徳永 宗雄 (著)自然現象としての「私」宗教研究 通号 304 1995-06-30 49-66(R)詳細
宮元 啓一 (著)『勝宗十句義論』における「分離より生ずる分離」など印度哲学仏教学 通号 14 1999-10 131-140詳細
引田 弘道 (著)ヴィシュヌ信仰と烙印アビダルマ仏教とインド思想:加藤純章博士還暦記念論集 通号 2000-10-30 463-471(R)詳細
船山 徹 (著)認識論認識論と論理学 / シリーズ大乗仏教 通号 9 2012-01-20 91-120(R)詳細
近藤 隼人 (著)精神の影印度学仏教学研究 通号 132 2014-03-20 240-244(L)詳細
吉田 哲 (著)ディグナーガによるサーンキヤ知覚説批判の特徴印度学仏教学研究 通号 138 2016-03-20 104-110(L)詳細
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage