INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: カニシカ王 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
アショーカ王 (人物) (...)  The Secret of Kanishka (文献) (...)  インド仏教 (分野) (...)  Kennedy, J. (人物) (...)  原始仏教 (分野) (...)  大唐西域記 (文献) (...)  考古学 (分野) (...)  年代 (術語) (...)  カニシュカ王 (人物) (...)  後漢書巻三十下 (文献) (...) 
-- 46 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
錫蘭仏教と原教本との関係(続)東洋哲学 通号 1894-09-02 291-292詳細
堀 謙徳 (著)ケネデー氏 迦膩色迦王研究の秘鍵東洋学報 通号 1913-02-13 171-241詳細
堀 謙徳 (著)ケネデー氏 迦膩色迦王研究の秘鍵 (承前)東洋学報 通号 1913-07-28 429-443詳細
松本 文三郎 (著)塔の歴史密教研究 通号 1 1918-11-01 34-42詳細
羽渓 了諦 (著)迦膩色迦王問題の解決龍谷学報 通号 305 1933-02 31-62詳細
山田 竜城 (著)般若経典類の形成された時代の背景東北大学文学部研究年報 通号 2 1951-03 1-41詳細
佐々木 教悟 (著)至那僕底攷印度学仏教学研究 通号 6 1955-03-30 331-334詳細
靜谷 正雄 (著)クシャーナ時代のガンダーラの仏教について仏教史学 通号 14 1955-03-30 18-29(R)詳細
静谷 正雄 (著)カニシカ王と有部印度学仏教学研究 通号 6 1955-03-30 277-280詳細
佐藤 心岳 (著)シナの史書にみられるクシャーナ族の動向仏教文化研究 通号 9 1960-03-31 100(R)詳細あり
佐藤 心岳 (著)カニシカ王の仏典結集の信憑性仏教論叢 通号 10 1964-10-31 72-73(R)詳細
辻 直四郎 (著)ローベルト・ゲーベル著 スルフ・コタル出土カニシュカ碑文の三原文東洋学報 通号 1966-03-31 120-129詳細
高橋 尭昭 (著)戒とその基盤日本仏教学会年報 通号 32 1967-03 1-16詳細
干潟 竜祥 (著)高田修著『仏像の起源』鈴木学術財団研究年報 通号 5/6/7 1971-03-31 56-60詳細
高橋 尭昭 (著)初期仏教美術とその基盤日本仏教学会年報 通号 38 1973-03 341-356詳細
栗須 礼夫 (著)カニシュカ二七八年説について印度学仏教学研究 通号 42 1973-03-31 339-342詳細
工藤 成樹 (著)蔵訳異部宗輪論について四天王寺女子大学紀要 通号 7 1974-12-15 19-36(L)詳細
佐々木 教悟 (著)クシャーナ時代における仏教の発展ならびに伝播について大谷学報 通号 203 1974-12-30 16-27詳細
干潟 龍祥 (著)インド仏教重要事項年代考鈴木学術財団研究年報 通号 12/13 1976-10-20 1-12(L)詳細
玉井 威 (著)『大智度論』の著者について仏教学セミナー 通号 24 1976-10-30 21-36(R)詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage