INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: グノーシス [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
ソフィア (術語) (...)  精神分析 (術語) (...)  救い (術語) (...)  バクティ (術語) (...)  比較思想 (分野) (...)  ウェーバー (人物) (...) (術語) (...) 
-- 21 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
佐藤 三千雄 (著)グノーシス的思考龍谷大学仏教文化研究所紀要 通号 7 1968-05-25 44-54(R)詳細
小川 美彦 (著)エイ・イーとインド神秘思想比較思想研究 通号 4 1977-12-20 124-128(R)詳細
湯浅 泰雄 (著)比較思想研究の方法としての深層心理学仏教の比較思想論的研究 通号 1979-02 785-838(R)詳細
日野 紹運 (著)ヒンドゥーの宗教世界SAṂBHĀṢĀ 通号 5 1983-11-20 68-83詳細
土屋 好重 (著)ピリポ福音書と経集との思想比較比較思想研究 通号 11 1985-03-20 74-81(R)詳細あり
岡本 修 (著)マックス・ウェーバーにおける『実践知』の概念について大正大学綜合仏教研究所年報 通号 8 1986-03-30 163-163(R)詳細
浅野 博之 (著)形而上学と宗教の「あいだ」論集 通号 19 1992-12-31 57-74詳細
日野 紹運 (著)ヒンドゥーの救いの構造曼荼羅と輪廻 通号 1993-12-03 134-152(R)詳細
浅野 博之 (著)形而上学と宗教の「あいだ」論集 通号 20 1993-12-31 41-58詳細
田丸 徳善 (著)思想史における知の問題比較思想研究 通号 21 1995-03-31 21-28(R)詳細あり
ハイジック J. W. (著)マンダラの中心における「自己」マンダラ宇宙論 通号 1996-09-30 18-44(R)詳細
吉田 豊 (訳)マニ教と仏教の出会い龍谷大学仏教文化研究所紀要 通号 36 1997-11-30 11-22(L)詳細
人間学序説[II]大正大学綜合仏教研究所年報 通号 20 1998-03-20 120-139(R)詳細
村本 詔司 (著)西洋と仏教の出会い研究報告 通号 6 1999-12-20 1-598詳細
湯浅 泰雄 (著)仏教と深層心理学現代思想・文学と仏教――仏教を超えて / 現代日本と仏教 通号 3 2000-06-24 90-103(R)詳細
日野 紹運 (著)ヒンドゥイズムにおける救済癒しと救い――アジアの宗教的伝統に学ぶ 通号 2001-01 116-134(R)詳細
東馬場 郁生 (著)「ポスト・エリアーデ」時代の宗教研究宗教研究 通号 327 2001-03-30 48-49(R)詳細
八木 誠一 (著)仏教とキリスト教の交点に立って比較思想研究 通号 27 2001-03-31 19-26(R)詳細あり
深澤英隆著『啓蒙と霊性――近代宗教言説の生成と変容』宗教研究 通号 352 2007-06-30 165-171(R)詳細
末木 文美士 (著)二つの『銀河鉄道の夜』のあいだ福神 通号 12 2008-06-09 49-64(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage