INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: デーヴァダッタ [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
提婆達多 (人物) (...)  パーリ律 (文献) (...)  Devadatta (人物) (...)  中阿含経 (文献) (...)  ブッダ (人物) (...)  インド仏教 (分野) (...)  デーヴァダッタの評価 (術語) (...)  法華経研究 (分野) (...)  瑜伽師地論 (文献) (...)  インド (地域) (...) 
-- 30 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
中野 義照 (著)デーヴァダッタをめぐって密教文化 通号 52 1961-03-15 1-10(R)詳細
中村 元 (著)釈尊を拒む仏教印度学仏教学研究 通号 33 1968-12-25 7-20詳細
原田 憲雄 (著)竜女禅文化 通号 68 1973-03-15 25-30(R)詳細
関 稔 (著)初期仏教教団における異端者の問題日本仏教学会年報 通号 39 1974-03 55-70詳細
中村 元 (著)仏教思想 通号 2 1976-11-20 1-88(R)詳細
藤田 宏達 (著)原始仏教における悪の観念仏教思想 通号 2 1976-11-20 115-156(R)詳細
杉本 卓洲 (著)菩薩の捨身行法華経の文化と基盤:法華経研究 通号 9 1982-02 -詳細
中田 直道 (訳)『論理の灯における知識根拠の数にかんする議論』駒沢大学仏教学部論集 通号 13 1982-10 24-37(L)詳細
杉本 卓洲 (著)デーヴァダッタの善玉化解脱と救済 通号 1983-09-10 380-396(R)詳細
五島 清隆 (著)提婆達多伝承と大乗経典仏教史学研究 通号 1986-03-31 51-69(L)詳細
釈舎 幸紀 (著)破僧伽における二,三の問題印度学仏教学研究 通号 71 1987-12-25 17-24詳細
釈舎 幸紀 (著)破僧伽犍度にあらわれるデーヴァダッタ像高田短期大学紀要 通号 6 1988-03 41-79詳細
入沢 崇 (著)具足戒を授くべからざる二十人パーリ学仏教文化学 通号 2 1989-05-01 105-117詳細
中村 元 (共著); 瀬戸内 寂聴 (共著)釈尊季刊仏教 通号 8 1989-07-15 28-48(R)詳細
宮坂 宥勝 (著)仏教興起の時代と社会的背景駒沢大学仏教学部論集 通号 21 1990-10-31 1-14詳細
平岡 聡 (著)「悪心出仏身血」説話の伝承原始仏教と大乗仏教:渡辺文麿博士追悼記念論集 通号 1 1993-05-21 285-302(L)詳細
杉本 卓洲 (著)捨身菩薩の舎利塔法華経の受容と展開:法華経研究 通号 12 1993-10-10 451-474(R)詳細
渡辺 研二 (著)ゴーサーラ・マンカリプッタ研究序説ジャイナ教研究 通号 2 1996-09-30 39-52(L)詳細
宮坂 宥勝 (著)釈尊の和平思想とその実現成田山仏教研究所紀要 通号 20 1997-03-28 1-36(R)詳細
常盤 義伸 (著)デーヴァダッタ前世所説の法華経の真理花園大学文学部研究紀要 通号 30 1998-03-16 25-43詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage