INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: マンダナ [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
ミーマンサー学派 (分野) (...)  パールタ・サーラティ (人物) (...)  シャンカラ (人物) (...)  ブラフマシッディ (文献) (...) 
-- 31 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
伊原 照蓮 (著)マンダナ作「ブラフマ・シッディ」宗教研究 通号 170 1961-12-31 81-82(R)詳細
伊原 照蓮 (著)マンダナミシュラの年代宗教研究 通号 179 1964-03-31 1-12詳細
伊原 照蓮 (著)pratibhā説の一資料干潟博士古稀記念論文集 通号 1964-06 97-110詳細
伊原 照蓮 (著)ヨーガ学派のスポータ説密教文化 通号 74 1966-02-25 1-11(R)詳細
伊原 照蓮 (著)『ブラフマシッディ』の歓喜説印度学仏教学論集:金倉博士古稀記念 通号 1966-10-13 283-296(L)詳細
伊原 照蓮 (著)スポータ存在の論証哲学年報 通号 26 1967-03-25 271-300(L)詳細
伊原 照蓮 (著)スポータ存在の論証哲学年報 通号 32 1973-03-25 101-123(L)詳細
伊原 照蓮 (著)スポータ存在の論証哲学年報 通号 33 1974-03-30 1-17(L)詳細
伊原 照蓮 (著)スポータ存在の論証哲学年報 通号 40 1981-03-21 1-17(L)詳細
清水 乞 (著)シルパ文献における図像資料(一)東洋学論叢 通号 11 1986-03-30 47-98詳細
島 岩 (著)不二一元論学派における解脱への道宗教研究 通号 269 1986-09-30 95-116詳細
清水 乞 (著)シルパ文献における図像資料(二)東洋学論叢 通号 12 1987-03-06 89-146詳細
黒田 泰司 (著)プラバーカラ派とクマーリラ派の根本的相違点について宗教研究 通号 271 1987-03-31 170-172(R)詳細
吉水 清孝 (著)マンダナ・ミシュラによるniyoga説批判宗教研究 通号 275 1988-03-31 141-143(R)詳細
吉水 清孝 (著)前期マンダナミシュラによるniyoga説批判と祭祀行為論仏教文化 通号 23 1989-02-01 37-60(L)詳細
村上 真完 (著)感官のsāmānya-Jñāna (Yukti-dīpikā p.102)印度学仏教学研究 通号 78 1991-03-20 283-289詳細
張本 研吾 (著)ヴィヴァラナ作者とマンダナミシュラ伊原照蓮博士古稀記念論文集 通号 1991-08-31 471-495(L)詳細
伊藤 道哉 (著)Vedānta派の人格完成論インド思想における人間観:東北大学印度学講座六十五周年記念論集 通号 1991-12-08 253-278詳細
村上 真完 (著)マンダナミシュラの差別否定論と一多の否定による無自性論印度学仏教学研究 通号 82 1993-03-25 125-129(L)詳細
村上 真完 (著)真実(tattva)と不可説なもの宗教研究 通号 295 1993-03-31 193-195(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage