INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 一念多念分別事 [SAT] [ DDB ] 一念夛念分別事 [SAT] 一念多念分別亊 [SAT] 一念夛念分別亊 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
自力他力事 (文献) (...)  一念多念文意 (文献) (...)  一念 (術語) (...)  親鸞 (人物) (...)  勅修法然上人伝 (文献) (...)  悪人正因 (術語) (...)  法水分流記 (文献) (...)  大経 (文献) (...)  深心因果 (術語) (...)  一念多念観 (術語) (...) 
-- 19 件ヒット
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
山上 正尊 (著)一念多念文意の研究仏教研究 通号 14 1923-12-20 159-184詳細
生桑 完明 (著)唯信鈔託宣記に就いて顕真学報 通号 2 1930-12-20 127-131(L)詳細
石田 充之 (著)隆寛律師教義の概要龍谷学報 通号 316 1936-10 47-79詳細
浅野 教信 (著)一念多念文の思想的背景真宗学 通号 21 1959-07-05 78-94詳細
信楽 峻麿 (著)隆寛における信の思想龍谷大学論集 通号 395 1971-02-28 40-68詳細
瓜生津 隆雄 (著)隆寛律師と親鸞聖人の一多批判と其の立場宗学院論輯 通号 1 1976-01-15 249-264詳細
矢田 了章 (著)隆寛における人間の研究真宗学 通号 54 1976-02-25 24-45詳細
梯 実円 (著)親鸞聖人の一念多念観龍谷教学 通号 13 1978-06-20 16-26詳細
浅井 成海 (著)隆寛の現世利益観印度学仏教学研究 通号 54 1979-03-31 1-6詳細
別段 瑞生 (著)鎌倉期の浄土教における一念多念の問題龍谷大学大学院研究紀要 通号 10 1989-03-22 163-164詳細
天岸 浄円 (著)宗祖における護持、護念の意義について龍谷教学 通号 25 1990-06-01 59-70詳細
深川 宣暢 (著)『一念多念文意』と『一念多念分別事』真宗学 通号 97/98 1998-03-18 321-340詳細
梯 実円 (著)隆寛律師の一念多念観日本仏教文化論叢:北畠典生博士古稀記念論文集 通号 2 1998-06-08 101-124詳細
安藤 光慈 (著)「多念ヲヒガコトトオモフマジキコト」考親鸞と人間:光華会宗教研究論集 通号 3 2002-04-01 3-26詳細
藤本 浄彦 (著)『法然親鸞思想論』宗教研究 通号 333 2002-09-30 353-360詳細
安藤 章仁 (著)親鸞が門弟にすすめた書物について宗教研究 通号 339 2004-03-30 352-353詳細
本多 弘之 (著)浄土――濁世を超えて、濁世に立つ(九)〈第三十八講〉現代と親鸞 通号 11 2006-12-01 240-253(R)詳細
福井 智行 (著)長楽寺流派祖隆寛に関する一考察日本浄土教の諸問題:浅井成海先生古稀記念論集 通号 2011-07-01 241-262(R)詳細
一楽 真 (著)浄土と現世親鸞教学 通号 100 2012-12-20 1-17(R)詳細
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage