INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 三因佛性 [SAT] [ DDB ] 三因仏性 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
仏性 (術語) (...)  三因仏性説 (術語) (...)  如来蔵 (術語) (...)  人天乗 (術語) (...)  下種 (術語) (...) (術語) (...)  加筆 (術語) (...)  大般涅槃経疏 (文献) (...)  仏性説 (術語) (...)  三因種子 (術語) (...) 
-- 31 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
浦上 不軽 (著)五仏性について大崎学報 通号 101 1954-07-07 63-65(R)詳細
上村 真肇 (著)法華教学と種子論印度学仏教学研究 通号 24 1964-03-31 184-188詳細
小川 弘貫 (著)シナ如来蔵考察印度学仏教学研究 通号 27 1965-12-25 30-35詳細
幣 道紀 (著)無情仏性について駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 2 1968-03 19-32詳細
大野 栄人 (著)智顗の仏性思想仏教学セミナー 通号 15 1972-05-30 33-47(R)詳細あり
久下 陞 (著)天台智顗の三因仏性の構造とその現代的課題仏教大学大学院研究紀要 通号 3 1973-03-30 99-149詳細
鈴木 祐孝 (著)湛然の加筆・私見について駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 11 1977-10 105-110詳細
若杉 見竜 (著)天台智顗の仏性説印度学仏教学研究 通号 55 1979-12-31 362-365詳細
薄墨 賢祥 (著)中国天台における仏性論の展開龍谷大学大学院紀要 通号 2 1980-03-31 69-73詳細
大松 博典 (著)宋代天台学における「仏性」印度学仏教学研究 通号 66 1985-03-25 170-173詳細
渡辺 新治 (著)菩提心について智山学報 通号 49 1986-03-31 29-40(R)詳細
加藤 勉 (著)三因仏性説について天台学報 通号 28 1986-10-05 144-147(R)詳細
日比 宣俊 (著)仏種の下種と仏性日蓮教学研究所紀要 通号 14 1987-03-10 36-44(R)詳細
加藤 勉 (著)三因仏性説形成の一考察大正大学綜合仏教研究所年報 通号 9 1987-03-30 17-31(R)詳細
加藤 勉 (著)天台大師の三因仏性説に形成について大正大学綜合仏教研究所年報 通号 9 1987-03-30 156-156(R)詳細
渡辺 新治 (著)菩提心について智山学報 通号 50 1987-03-31 61-75(R)詳細
日比 宣俊 (著)日蓮教学における下種論印度学仏教学研究 通号 71 1987-12-25 208-210詳細
佐藤 錬太郎 (著)紫柏真可の禅について印度哲学仏教学 通号 4 1989-10-30 199-210詳細
久下 陞 (著)天台智顗の三因仏性の構造とその現代的課題天台大師研究:天台大師千四百年御遠忌記念 通号 1 1997-03-01 125-150(R)詳細
柏倉 明裕 (著)智顗の仏性観印度学仏教学研究 通号 90 1997-03-20 238-240詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage