INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 休静 [SAT] 休靜 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
朝鮮仏教 (分野) (...)  惟政 (人物) (...)  清虚堂休静 (人物) (...)  浄土思想 (術語) (...)  朝鮮 (地域) (...)  四溟惟政 (人物) (...)  韓国仏教 (分野) (...)  禅家亀鑑 (文献) (...)  法然 (人物) (...)  親鸞 (人物) (...) 
-- 29 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
常盤 大定 (著)朝鮮の義僧西山大師大崎学報 通号 21 1912-02-10 60-65(R)詳細
江田 俊雄 (著)禅宗としての朝鮮仏教の伝統に就いて仏教学の諸問題 通号 1935-06 898-914(R)詳細
趙 明基 (著)韓国における禅文化禅と文化 / 講座禅 通号 5 1968-01-15 63-73(R)詳細
申 正午 (著)休静禅師『儒家亀鑑』の研究新羅佛教研究 通号 1973-06-30 575-612詳細
鄭 学権 (著)韓国李朝時代の清虚禅師の禅教観印度学仏教学研究 通号 44 1974-03-31 271-274詳細
申 正午 (著)西山休静の儒・仏・道三教宥和論について印度学仏教学研究 通号 45 1974-12-25 294-297詳細
里道 徳雄 (著)『西域中華海東仏祖源流』僧名索引稿東洋学研究 通号 14 1980-03-31 91-121詳細
申 正午 (著)西山休静の浄土思想に関して印度学仏教学研究 通号 62 1983-03-25 195-197詳細あり
申 正午 (著)西山休静禅師の真言観について印度学仏教学研究 通号 64 1984-03-25 186-188詳細
岩佐 貫三 (著)風水思想と風水師家中央学術研究所紀要 通号 13 1984-07-15 47-64詳細
申 正午 (著)休静の「四恩観」について宗教研究 通号 263 1985-03 191-192詳細
古田 紹欽 (著)李朝仏教における西山大師休静をめぐって印度哲学仏教学 通号 1 1986-10-30 15-27詳細
申 正午 (著)禅家亀鑑における休静の戒律思想について宗教研究 通号 271 1987-03-31 185-187(R)詳細
李 正模 (著)西山休静の浄土思想と諸経、諸師の関係について印度学仏教学研究 通号 73 1988-12-15 155-157詳細
古田 紹欽 (著)自力と他力印度学仏教学研究 通号 77 1990-12-20 170-178詳細
宋 天恩 (著)休静の三教観印度学仏教学研究 通号 82 1993-03-25 70-76詳細
廬 在性 (著)破地獄偈の信仰化について印度学仏教学研究 通号 82 1993-03-25 77-79詳細
近藤 良一 (著)古田紹欽著『仏教・その方位と風土』印度哲学仏教学 通号 11 1996-10-30 391-392(R)詳細
金 敬熙 (著)西山大師の浄土思想仏教大学大学院紀要 通号 26 1998-03-02 33-44詳細
韓国仏教思想の特徴仏教教化研究:水谷幸正先生古稀記念 通号 1998-12 651-672(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage