INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 南宗 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
北宗 (術語) (...)  北宗 (分野) (...)  中国禅宗 (分野) (...)  荷沢宗 (術語) (...)  東山法門 (術語) (...)  禅法 (術語) (...)  神秀を第六代とすることへの批判 (術語) (...)  神会 (人物) (...)  七祖 (術語) (...)  荷沢宗 (分野) (...) 
-- 139 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
松本 文三郎 (著)六祖壇経の書誌学的研究(下)禅学研究 通号 18 1932-07-10 31-78(L)詳細
高雄 義堅 (著)再び禅の南北両宗に就いて龍谷学報 通号 306 1933-06 97-120詳細
大屋 徳城 (著)元延祐高麗刻本六祖大師法宝壇経に就て禅学研究 通号 23 1935-07-10 1-29(L)詳細
鈴木 大拙 (著)禅宗初祖としての達摩の禅法日華仏教研究会年報 通号 1 1936-08-15 196-224詳細
山崎 定英 (著)隋唐以前の道教日華仏教研究会年報 通号 2 1937-09-01 303-394詳細
福島 俊翁 (著)六祖慧能禅師と文人との関係に就て禅学研究 通号 29 1938-07-10 1-16(L)詳細
津田 左右吉 (著)禅宗についての疑問の二三(下)東洋思想研究 通号 6 1955-12-10 1-46詳細
関口 真大 (著)牛頭法融禅宗相承説の検討印度学仏教学研究 通号 7 1956-01-30 204-207詳細
篠原 寿雄 (著)唐代禅思想と白居易印度学仏教学研究 通号 14 1959-03-30 215-220詳細
木村 静雄 (著)禅宗初期の修道論禅学研究 通号 50 1960-02-20 103-108(L)詳細
---- ---- (著)南宗寺の石庭復元成る禅文化 通号 19 1960-07-20 48(R)詳細
森 蘊 (著)南宗寺庭園の復旧について仏教芸術 通号 44 1960-10-25 94-100(R)詳細
丸井 孝 (著)南宗寺禅文化 通号 23 1961-10-10 54(R)詳細
中川 孝 (著)中国に於ける南宗禅と北宗禅宗教研究 通号 170 1961-12-31 76-77(R)詳細
関口 真大 (著)「南宗」と南宗禅印度学仏教学研究 通号 20 1962-03-31 70-76詳細
山崎 宏 (著)唐荊州玉泉寺大通禅師神秀考仏教思想史論集:結城教授頌寿記念 通号 1964-03-31 465-480(R)詳細
吉田 大進 (著)法眼文益の禅風について東洋大学大学院紀要 通号 1 1964-03-31 131-141詳細
酒井 得元 (著)禅における行の意義日本仏教学会年報 通号 30 1965-03 341-356詳細
吉田 大進 (著)宋代における南宗禅の勢力伸張に見られる一要因について東洋大学大学院紀要 通号 2 1965-09-01 169-180詳細
長谷部 好一 (著)南北の対立とその背景印度学仏教学研究 通号 29 1966-12-25 315-319詳細
1 2 3 4 5 6 7
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage