INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 句義 [SAT] [ DDB ] 句义 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
勝論経 (文献) (...)  所量 (術語) (...)  ヴァイシェーシカ (術語) (...)  padārtha (術語) (...)  非存在(abhāva) (術語) (...)  実体 (術語) (...)  異句義 (術語) (...)  理趣分 (文献) (...) 
-- 83 件ヒット
1 2 3 4 5
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
渡辺 又次郎 (著)勝論派の哲学東洋哲学 通号 1894-06-02 125-130詳細
浅井 豊久 (著)印度哲学諸派(第五号の続)東洋哲学 通号 1894-09-02 253-259詳細
渡辺 又二郎 (著)勝論派の哲学(承前)東洋哲学 通号 1894-09-02 265-272詳細
渡辺 又二郎 (著)勝論派の哲学(承前)東洋哲学 通号 1894-10-02 307-315詳細
浅井 豊久 (著)印度哲学諸派(接第七号)東洋哲学 通号 1894-11-02 360-367詳細
渡辺 又次郎 (著)勝論派の哲学(承前、完結)東洋哲学 通号 1895-01-02 436-445詳細
---- ---- (著)妙玄要決、文句義決、止観纂義解題仏書研究 通号 29 1917-04-20 4-6(R)詳細
佐伯 良謙 (著)因明作法の変遷竝に其の著述(十三)仏書研究 通号 58 1919-10-20 1-6(R)詳細
金倉 円照 (著)タルカバーシャ東北大学文学部研究年報 通号 1 1951-03 67-133詳細
松尾 義海 (著)ヴァイシェーシカ哲学の根本的立場印度学仏教学研究 通号 3 1953-09-30 37-39詳細
芳村 修基 (著)(擬題)仏教初学入門書残巻考西域文化研究 通号 1 1958-03-31 220-228(R)詳細
中村 元 (著)普遍の観念を手がかりとするヴァイシェーシカ体系の考察印度学仏教学研究 通号 14 1959-03-30 300-313詳細
菱田 邦男 (著)七句義論におけるサーマーニヤと三種の比量東海仏教 通号 7 1961-06-01 36-43詳細
宮坂 宥勝 (著)医書『チャラカ本集』に伝えるヴァイシェーシカ哲学説密教文化 通号 64/65 1963-10-30 50-67(R)詳細
菱田 邦男 (著)タットヴァサングラハにおける異viśeṣa句義批判印度学仏教学研究 通号 23 1964-01-31 81-84(L)詳細
菱田 邦男 (訳)Tattvasaṃgrahaによるdravya批判東海仏教 通号 12 1967-06-30 81-86詳細
慧月とプラシャスタパーダ東洋文化論集:福井博士頌寿記念 通号 1969-12-10 273-285(R)詳細
西域出土の梵文法華経断簡法華経の成立と展開:法華経研究 通号 3 1970-03 141-164(R)詳細
宮坂 宥勝 (著)Śivādityaの年代備忘仏教学会報 通号 3 1970-12-10 14-16(R)詳細
北條 賢三 (著)勝論学派の解脱説大正大学研究紀要 通号 56 1971-03-16 19-55(R)詳細
1 2 3 4 5
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage