INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 和諍 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
会通 (術語) (...)  無二而不守一 (術語) (...)  元暁 (人物) (...)  大乗起信論 (文献) (...)  天台教観 (術語) (...)  法苑珠林 (文献) (...)  五姓各別 (術語) (...)  和諍篇 (文献) (...)  心源 (術語) (...)  帰一心源而饒益衆生 (術語) (...) 
-- 29 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
金 彊模 (著)新羅元暁の文学観新羅佛教研究 通号 1973-06-30 109-136詳細
李 平来 (著)大乗起信論研究(一)印度学仏教学研究 通号 55 1979-12-31 190-191詳細
鎌田 茂雄 (著)『十門和諍論』の思想史的意義仏教学 通号 11 1981-04-25 1-21詳細
任 禹植 (著)法華宗要における一乗説について印度学仏教学研究 通号 62 1983-03-25 162-163詳細あり
塩入 良道 (著)新羅元暁大師撰『宗要』の特質天台学報 通号 26 1984-11-05 24-29詳細
徐 補鉄 (著)法華宗要の研究印度学仏教学研究 通号 66 1985-03-25 102-103詳細
徐 輔鉄 (著)法華宗要における元暁の和諍思想駒沢大学仏教学部論集 通号 16 1985-10-30 351-366(R)詳細
高原 淳尚 (著)寿霊における法相文献の引用について印度学仏教学研究 通号 72 1988-03-25 163-165詳細
木本 清史 (著)元暁の涅槃経解釈について印度学仏教学研究 通号 76 1990-03-20 187-189詳細あり
石井 公成 (著)新羅仏教における『大乗起信論』の意義如来蔵と大乗起信論 通号 1990-06-30 545-582詳細
徐 栄愛 (著)元暁の『法華宗要』の研究大谷大学大学院研究紀要 通号 12 1995-12-01 51-73詳細
崔 裕鎮 (著)元暁の和諍について南都仏教 通号 73 1996-11-25 18-27(R)詳細
柴崎 照和 (著)明恵と新羅・高麗仏教印度学仏教学研究 通号 89 1996-12-20 144-146詳細
佐藤 繁樹 (著)元暁哲学と華厳思想華厳学論集 通号 1997-11-10 551-568(L)詳細
朴 先栄 (著)韓国仏教史における僧侶教育とその現代教育的意義日本仏教教育学研究 通号 6 1998-03 70-86(R)詳細
韓国仏教思想の特徴仏教教化研究:水谷幸正先生古稀記念 通号 1998-12 651-672(R)詳細
二十一世紀における仏教教化の諸問題仏教教化研究:水谷幸正先生古稀記念 通号 1998-12 673-686(R)詳細
全 海住 (著)元暁の和諍原理印度学仏教学研究 通号 95 1999-12-20 225-229(L)詳細
李 法山 (著)韓国仏教の特徴岐阜聖徳学園大学仏教文化研究所紀要 通号 1 2000-03-29 47-63(L)詳細
鄭 舜日 (著)宗教間の和合と圓仏教の理念仏教と環境:立正大学仏教学部開設50周年記念論文集 通号 2000-03-31 85-105(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage