INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 善人 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
悪人 (術語) (...)  自力作善 (術語) (...)  歴史学 (術語) (...)  教行信証 (文献) (...)  悪人正機説 (術語) (...)  邪見 (術語) (...)  大無量寿経 (文献) (...)  罪人 (術語) (...)  耕作農民 (術語) (...)  三時教的末法論 (術語) (...) 
-- 32 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
石田 善人 (著)真宗史研究会編『封建社会に於る真宗教団の展開』仏教史学 通号 1957-07-30 60-63(R)詳細
松崎 可定 (著)兼信因果の立場について仏教論叢 通号 7 1958-12-15 94-96(R)詳細
石田 善人 (著)(4)時宗仏教史学 通号 1961-10-30 34-44(R)詳細
坪井 俊映 (著)法然教学における悪の問題について印度学仏教学研究 通号 24 1964-03-31 92-99詳細
石田 善人 (著)武士と時衆日本浄土教史の研究 通号 1969-05-01 451-468(R)詳細
石田 善人 (著)大橋俊雄著『時宗の成立と展開』鈴木学術財団研究年報 通号 10 1974-05-23 132-134(L)詳細
亀山 正広 (著)法然における善人往生と悪人往生について印度学仏教学研究 通号 49 1976-12-25 138-139詳細
松崎 可定 (著)法然上人の思惟の特性仏教論叢 通号 23 1979-10-10 16-19(R)詳細
田中 久夫 (著)悪人往生と悪人正機鎌倉仏教雑考 通号 1982-02-15 56-66(R)詳細
牧田 諦亮 (著)道衍の蓮室集について仏教大学仏教文化研究所年報 通号 2 1984-03-31 50-63詳細
古田 武彦 (著)親鸞に於ける悪人正機説について親鸞聖人と真宗 / 日本仏教宗史論集 通号 6 1985-04 42-55(R)詳細
毛利 勝典 (著)〈悪人〉の心理学的考察真宗学 通号 85 1992-01-20 41-73詳細
毛利 勝典 (著)〈悪人〉の心理学的考察真宗学 通号 85 1992-01-20 41-73詳細
栗原 広海 (著)法然と親鸞の女人往生観東海仏教 通号 37 1992-03-31 69-86詳細
末木 文美士 (著)悪人正機説をめぐって日本仏教思想史論考 通号 1993-04-08 431-438(R)詳細
峰島 旭雄 (著)聖と俗日本仏教学会年報 通号 59 1994-05-25 115-124(L)詳細
市川 良哉 (著)親鸞における罪悪の問題中西智海先生還暦記念論文集:親鸞の仏教 通号 1994-12-08 131-148詳細
矢田 了章 (著)悪人正機説における悪人の概念について(三)真宗学 通号 91/92 1995-03-17 167-194詳細
矢田 了章 (著)悪人正機説における悪人の概念について(三)真宗学 通号 91/92 1995-03-17 167-194詳細
西田 真因 (著)歎異抄における悪の概念真宗教学研究 通号 18 1996-10-30 82-110詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage