INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 地論宗 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
中国仏教 (分野) (...)  浄影寺慧遠 (人物) (...)  中国 (地域) (...)  摂論宗 (分野) (...)  天台宗 (分野) (...)  慧遠 (人物) (...)  菩提流支 (人物) (...)  華厳宗 (分野) (...)  慧光 (人物) (...)  摂論宗 (術語) (...) 
-- 113 件ヒット
1 2 3 4 5 6
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
富木 尭広 (著)諸宗の教理及教判に於ける起信論の地位大崎学報 通号 4 1906-06 1-5詳細
今津 洪岳 (著)光統律師の華厳経疏に就て仏書研究 通号 13 1915-10-10 3-6(R)詳細
結城 令聞 (著)支那唯識学史上に於ける楞伽師の地位支那仏教史学 通号 1937-04-25 21-44詳細
富貴原 章信 (著)摂論宗の日本伝来に就て(未完)大谷学報 通号 76 1939-12-10 101-115(R)詳細
布施 浩岳 (著)『涅槃宗』の在り方清水龍山先生古稀記念論文集 通号 1940-12-05 574-584(R)詳細
藤堂 恭俊 (著)如来蔵の識説的理解印度学仏教学研究 通号 3 1953-09-30 151-152詳細
勝又 俊教 (著)真諦三蔵の九識説とその背景思想東洋大学紀要 通号 6 1954-03-31 61-74詳細
村田 常夫 (著)十地経論にいう三界唯心の心に就て大倉山学院紀要 通号 2 1956-10 121-136(L)詳細
加藤 善浄 (著)地論宗の形成印度学仏教学研究 通号 9 1957-01-25 134-135詳細
石田 充之 (著)敦煌本『無量寿観経纉述』の地位について西域文化研究 通号 1 1958-03-31 106-108(R)詳細
村田 常夫 (著)地論師の教判について大崎学報 通号 108 1958-06-30 66-67詳細
村田 常夫 (著)天台の十如と華厳の六相大崎学報 通号 110 1959-06-30 66-67詳細
成川 文雅 (著)地論師の六相説印度学仏教学研究 通号 16 1960-03-30 132-133詳細
成川 文雅 (著)地論師の阿梨耶識生法説に対する天台の批判大崎学報 通号 112 1960-12-25 81-82(R)詳細
成川 文雅 (著)地論宗南道派に於ける二系譜印度学仏教学研究 通号 17 1961-01-25 140-141詳細
成川 文雅 (著)仏教説話より観たる法華経思想大崎学報 通号 113/114 1961-12-25 133-134詳細
小川 弘貫 (著)シナ如来蔵説の一考察印度学仏教学研究 通号 23 1964-01-31 73-80詳細
横超 慧日 (著)慧遠と吉蔵仏教思想史論集:結城教授頌寿記念 通号 1964-03-31 433-450(R)詳細
藤 隆生 (著)地論唯識説の二傾向に対する教学史的試論印度学仏教学研究 通号 24 1964-03-31 196-199詳細
坂本 幸男 (著)地論宗の方便論について干潟博士古稀記念論文集 通号 1964-06 335-352詳細
1 2 3 4 5 6
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage