INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 報恩講式 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
親鸞伝絵 (文献) (...)  覚如 (人物) (...)  正信偈 (文献) (...)  山岸常人 (人物) (...)  故仏 (術語) (...)  覚如 (人物) (...)  還浄殿 (術語) (...)  曽我量深 (人物) (...)  執持鈔 (文献) (...)  講式 (術語) (...) 
-- 29 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
宮崎 円遵 (著)親鸞伝絵の撰述について印度学仏教学研究 通号 18 1961-03-31 114-120詳細
小野 正康 (著)親鸞の「和国の教主聖徳皇」についての日本学的研究宗教研究 通号 181 1965-03-31 104-106(R)詳細
竹内 淳有 (著)真宗声明の比較研究について真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 17 1971-12-25 76-87詳細
安冨 信哉 (著)親鸞と危機意識大谷学報 通号 215 1977-11-30 40-52詳細
村上 速水 (著)覚如(執持鈔、口伝鈔、改邪鈔、親鸞伝絵、報恩講式等を中心として)講座親鸞の思想 通号 8 1978-10 9-78詳細
播磨 照浩 (著)報恩講式の音曲について印度学仏教学研究 通号 53 1978-12-31 142-143詳細
杉浦 友信 (著)覚如撰述の文献についての解説講座親鸞の思想 通号 9 1979-12 73-94詳細
泊 清尚 (著)本願寺懇志請取状の成立と展開中世仏教と真宗:北西弘先生還暦記念 通号 1985-12-10 139-163(R)詳細
小野 蓮明 (著)如来我となる・法蔵菩薩(下)親鸞教学 通号 52 1988-08-20 15-30詳細
金信 昌樹 (著)親鸞思想の歴史的展開大谷大学大学院研究紀要 通号 5 1988-12-01 1-32詳細
新保 哲 (著)『御伝鈔』にみる布教の特色宗教研究 通号 279 1989-03-31 268-270(R)詳細
新保 哲 (著)「報恩講式」にみる親鸞聖人の徳印度学仏教学研究 通号 77 1990-12-20 185-188詳細
山田 雅教 (著)初期本願寺における法要儀礼教学研究所紀要 通号 3 1995-03-31 79-103詳細
翻刻・『仏慈講式』曹洞宗宗学研究所紀要 通号 12 1998-10-31 55-67(R)詳細
朝倉 昌紀 (著)現代における報恩講の意義教学研究所紀要 通号 7 1999-03-10 225-241詳細
山田 雅教 (著)儀礼空間としての山科本願寺教学研究所紀要 通号 7 1999-03-10 243-279詳細
尾崎 正善 (著)「仏慈講式」について宗学研究 通号 41 1999-03-31 115-120(R)詳細
グュルベルク ニールス (著)解脱房貞慶と後鳥羽院中世文学の展開と仏教 通号 2000-10-22 426-451(R)詳細
安藤 光慈 (著)「還浄」に関する教学的整理教学研究所紀要 通号 9 2001-07-10 151-176詳細
葛西 好雄 (著)新出資料『永平道元禅師講式』宗学研究 通号 45 2003-03-31 97-102(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage