INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 大佛寺 [SAT] [ DDB ] 大仏寺 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
永平寺 (地域) (...)  開元寺 (術語) (...)  善果寺 (術語) (...)  五台山 (術語) (...)  甘粛省張掖市 (地域) (...)  西夏 (時代) (...)  吉峰寺 (地域) (...)  興福寺 (地域) (...)  鎌倉時代 (時代) (...)  李宝臣 (人物) (...) 
-- 20 件ヒット
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
諏訪 義譲 (著)山東省正定県城調査手記支那仏教史学 通号 1941-01-25 69-75詳細
吉井 芳純 (著)華北の弘法大師遺跡について支那仏教史学 通号 1942-03-25 145-153詳細
小林 剛 (著)俊乗房重源の肖像について仏教芸術 通号 23 1954-12-25 71-79詳細
中西 萬松 (著)永平広録の一研究宗学研究 通号 1 1956-03-01 1-29(R)詳細
中西 万松 (著)永平広録の一研究印度学仏教学研究 通号 10 1957-03-30 156-157詳細
杉尾 玄有 (著)七十五巻本正法眼蔵の基本的考察道元禅の思想的研究 通号 1973-11-30 545-570(R)詳細
伊藤 俊彦 (著)柴田道賢著『禅師道元の思想』駒沢大学仏教学部論集 通号 6 1975-10 147-156詳細
田村 寛康 (共編); 堀 幸男 (共編)「俊乗房重源」関係文献目録仏教芸術 通号 105 1976-01-30 134-139(R)詳細
中世古 祥道 (著)道元禅師志比庄下向の背景宗学研究 通号 19 1977-03-31 38-42(R)詳細
横山 秀哉 (著)道元禅師の伽藍観について宗学研究 通号 20 1978-03-31 15-22(R)詳細
水野 弥穂子 (著)「道元和尚広録」と「正法眼蔵」道元禅師と曹洞宗 / 日本仏教宗史論集 通号 8 1985-06 42-53(R)詳細
佐藤 悦成 (著)寺院遺蹟についての調査報告禅研究所紀要 通号 20 1992-03 57-78(R)詳細
古田 紹欽 (著)道元における正法眼蔵の発想とその成案松ヶ岡文庫研究年報 通号 6 1992-03-25 151-167(L)詳細
鎌田 茂雄 (著)張掖大仏寺攷大倉山文化会議研究年報 通号 6 1995-03 59-83詳細
笛岡 自照 (著)永平寺移転説および非移転説と筆者の立場道元思想大系 通号 4 1995-04-15 33-37(R)詳細
納冨 常天 (著)俊芿と道元道元思想大系 通号 1 1995-09-14 357-370(R)詳細
郡司 博道 (著)大仏寺移転論、非移転論、永年葛藤の根源を斬る宗学研究 通号 38 1996-03-31 121-126(R)詳細
熊谷 忠興 (著)道元禅師の越前入り宗学研究 通号 47 2005-03-31 79-84(R)詳細
永井 政之 (著)輪蔵再考大乗仏教思想の研究:村中祐生先生古稀記念論文集 通号 2005-06-30 347-359(R)詳細
山之内 誠 (著)大仏様建築研究の現在南都仏教 通号 88 2006-12-25 1-21詳細
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage