INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 太子信仰 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
親鸞 (人物) (...)  聖徳太子 (人物) (...)  和国の教主 (術語) (...)  念仏聖 (術語) (...)  太子観音化身説 (術語) (...)  現世的利益 (術語) (...)  七仏薬師法 (術語) (...)  伝香寺地蔵菩薩像 (術語) (...)  仏教と国家 (術語) (...)  真宗 (術語) (...) 
-- 131 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
大須賀 秀道 (著)聖徳太子の人格と真宗聖徳太子論纂 通号 1921-03-10 103-112(R)詳細
水木 要太郎 (著)聖徳太子遺跡誌聖徳太子論纂 通号 1921-03-10 395-410(R)詳細
宮崎 円遵 (著)鎌倉時代仏教徒の護国運動龍谷学報 通号 329 1940-12 152-169詳細
小倉 豊文 (著)上代に於ける聖徳太子信仰に就ての一二の考察宗教研究 通号 106 1940-12-30 233-238(R)詳細
藤島 達朗 (著)源実朝の信仰生活(上)日本仏教史学 通号 1942-12-30 40-45詳細
石田 茂作 (著)太子信仰の変遷聖徳太子と日本文化 通号 1951-05 157-166詳細
富貴原 章信 (著)鎌倉時代の太子信仰印度学仏教学論叢:山口博士還暦記念 通号 1955-11-01 281-290(R)詳細
久保田 収 (著)聖徳太子観音化身説の源由密教文化 通号 32 1956-02-20 42-53(R)詳細
鶴岡 静夫 (著)天平十年代の仏教南都仏教 通号 5 1958-10-30 93-107詳細
小串 侍 (著)行者宿報四句の告命に就いて真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 5 1960-10-20 22-38詳細
斎藤 彦松 (著)聖徳太子信仰と大日如来の研究印度学仏教学研究 通号 17 1961-01-25 148-149詳細
武田 賢寿 (著)伝教大師の太子信仰についての一考察印度学仏教学研究 通号 21 1963-01-15 99-102詳細
稲垣 真哲 (著)派祖の聖徳太子信仰西山禅林学報 通号 9 1964-02-17 1-15詳細
稲垣 真哲 (著)太子信仰と浄土宗西山派祖日本仏教学会年報 通号 29 1964-03 283-296詳細
成田 貞寛 (著)鎌倉期南都諸師の太子観印度学仏教学研究 通号 24 1964-03-31 248-251詳細
井上 鋭夫 (著)中世鉱業と太子信仰真宗史の研究:宮崎博士還暦記念 通号 1966-12-10 51-82(R)詳細
宮崎 円遵 (著)中世における聖徳太子伝の絵解聖徳太子研究 通号 3 1967-09-10 76-88詳細
小島 叡成 (著)親鸞聖人と太子信仰印度学仏教学研究 通号 31 1967-12-25 99-102詳細
藤田 清 (著)聖徳太子廟の信仰と鎌倉仏教日本仏教学会年報 通号 34 1969-03 235-248詳細
福井 康順 (著)三教義疏の成立について宗教研究 通号 198 1969-03-31 101-102(R)詳細
1 2 3 4 5 6 7
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage