INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 奥住毅 [SAT] 奧住毅 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
川崎信定 (人物) (...)  斎藤明 (人物) (...) 
-- 19 件ヒット
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
奥住 毅 (著)月称のPrasaṅgzopattiについて鈴木学術財団研究年報 通号 4 1968-03-31 136-詳細
奥住 毅 (著)「浄明句」第一章における清弁・月称の論争印度学仏教学研究 通号 33 1968-12-25 136-137詳細
奥住 毅 (著)空性の論理的表現をめぐる論争鈴木学術財団研究年報 通号 5/6/7 1971-03-31 33-49詳細
奥住 毅 (著)芳村修基編『仏教教団の研究』鈴木学術財団研究年報 通号 5/6/7 1971-03-31 96-97詳細
奥住 毅 (著)荻須純道編『禅と日本文化の諸問題』鈴木学術財団研究年報 通号 5/6/7 1971-03-31 97-99詳細
奥住 毅 (著)久松真一・西谷啓治編『禅の本質と人間の真理』鈴木学術財団研究年報 通号 5/6/7 1971-03-31 99-101詳細
奥住 毅 (著)「プラサンガ・ヴァーキヤ」の論証性鈴木学術財団研究年報 通号 9 1973-03-31 52-68(L)詳細
奥住 毅 (著)中論の論述形式としてのプラサンガ・アーパッティ(I)インド思想と仏教:中村元博士還暦記念論集 通号 1973-11 365-378詳細
奥住 毅 (著)中論の論述形態としてのプラサンガ・アーパッティ(2)鈴木学術財団研究年報 通号 12/13 1976-10-20 60-76(L)詳細
奥住 毅 (著)般若波羅蜜と空・メモランダム仏教思想 通号 7 1982-04-20 481-522詳細
奥住 毅 (著)中論における言語と実在の問題印度学仏教学研究 通号 66 1985-03-25 62-66詳細
奥住 毅 (訳)ブッダパーリタ根本中註釈書第二章和訳東方 通号 1 1985-04-30 130-154(L)詳細
奥住 毅 (著)中観における思想と言語仏教学 通号 20 1986-10-18 1-20詳細
斎藤 明 (著)本多恵訳『チャンドラキールティ中論註和訳』奥住毅訳『中論註釈書の研究』宗教研究 通号 294 1992-12-30 146-150(R)詳細
奥住 毅 (著)『ブッダパーリタ中論註釈書』第十八章(「我と法との考察」)和訳アビダルマ仏教とインド思想:加藤純章博士還暦記念論集 通号 2000-10-30 251-265(R)詳細
奥住 毅 (著)二つの解脱三論教学と仏教諸思想:平井俊栄博士古稀記念論集 通号 2000-10-30 657-678詳細
細田 典明 (著)『加藤純章博士還暦記念論集 アビダルマ仏教とインド思想』印度哲学仏教学 通号 16 2001-10 380-381詳細
立川 武蔵 (著)『増補改訂 中論註釈書の研究――チャンドラキールティ『プラサンナパダー』和訳』奥住毅著、山喜房佛書林、2014年9月東方 通号 30 2015-03-31 211-212(L)詳細
奥住 毅 (著)『『大乗起信論』を読む』竹村牧男著、春秋社、2017年1月東方 通号 33 2018-03-31 193-194(L)詳細
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage