INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 妄想 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
一つの自己 (術語) (...)  転倒 (術語) (...)  妄想説 (術語) (...)  六波羅蜜 (術語) (...)  仏典翻訳 (術語) (...)  放下 (術語) (...)  我と非我 (術語) (...)  迷信 (術語) (...) (術語) (...)  楞伽阿跋多羅宝経 (文献) (...) 
-- 30 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
大住 嘯風 (著)如何にして真を見る大崎学報 通号 40 1915-07-08 47-60(R)詳細
大日 正秀 (著)石田梅巌の心学の禅との関係東洋大学論纂 通号 2 1942-09-15 53-100詳細
酒井 得元 (著)証道歌禅の古典 中国 / 講座禅 通号 6 1968-03-05 43-50(R)詳細
山田 無文 (著)夢中問答禅の古典 日本 / 講座禅 通号 7 1968-06-20 199-212(R)詳細
入矢 義高 (著)空と浄東洋文化論集:福井博士頌寿記念 通号 1969-12-10 97-106(R)詳細
原田 覚 (著)『頓悟大乗正理決』の妄想説について印度学仏教学研究 通号 50 1977-03-31 234-237詳細
山田 無文 (著)毒語心経講話(十六)禅文化 通号 90 1978-09-20 4-14(R)詳細
山田 無文 (著)毒語心経講話(十九)禅文化 通号 93 1979-06-15 4-12(R)詳細
古田 紹欽 (著)禅芸術雑感禅文化 通号 100 1981-03-25 66-75(R)詳細
今西 順吉 (著)鴎外とアショーカ王研究仏教の歴史的展開に見る諸形態:古田紹欽博士古稀記念論集 通号 1981-06-01 475-490(R)詳細
木村 隆徳 (著)Cig car ḥjug paと頓悟日本西蔵学会々報 通号 29 1983-03-31 6-9(L)詳細
佐々木 容道 (著)妄想の一考察禅学研究 通号 62 1983-11-30 26-49(L)詳細
佐々木 容道 (著)初期漢訳経典における「妄想」印度学仏教学研究 通号 63 1983-12-25 236-238詳細
脇本 平也 (著)渡米以前の鈴木大拙における比較宗教(続)宗教研究 通号 271 1987-03-31 280-281(R)詳細
岩崎 巴人 (著)大いなる馬祖禅文化 通号 131 1989-01-25 59-70(R)詳細
中井 久夫 (著)精神病的苦悩を宗教は救済しうるか季刊仏教 通号 7 1989-05-10 138-148(R)詳細
堀尾 孟 (著)『妄想録』について宗教学会報 通号 5 1991-03-31 97-124詳細
那須 政玄 (著)覚鑁「密厳院発露懺悔文」における「我等」と「我」について興教大師覚鑁研究:興教大師八百五十年御遠忌記念論集 通号 1992-12-12 1033-1061詳細
App Urs (著); 村上 俊 (訳)「頓」の類型学禅文化研究所紀要 通号 20 1994-05-20 223-280詳細
井筒 俊彦 (著)意味分節理論と空海密教大系 通号 12 1995-07-30 303-333詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage