INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 宗賾 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
禅苑清規 (文献) (...)  煬帝 (人物) (...)  長芦宗賾 (人物) (...)  普恵 (人物) (...)  崔振孫 (人物) (...)  禅宗 (分野) (...)  揚畏 (人物) (...)  宗暁 (人物) (...)  法然 (人物) (...)  浄土教 (分野) (...) 
-- 26 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
鏡島 元隆 (著)道元禅師と引用清規宗学研究 通号 6 1964-04-10 12-17(R)詳細
清野 宗元 (著)道元禅師の仏祖正伝観の一考察宗学研究 通号 6 1964-04-10 145-152(R)詳細
山内 舜雄 (著)坐禅儀と天台小止観宗学研究 通号 8 1966-05-20 29-50(R)詳細
近藤 良一 (著)禅苑清規に於ける浄土思想北海道駒沢大学研究紀要 通号 1 1967-01-25 25-44詳細
山内 舜雄 (著)『坐禅用心記』における天台止観の影響瑩山禅師研究:瑩山禅師六百五十回大遠忌記念論文集 通号 1974-12-20 589-662(R)詳細
西尾 賢隆 (著)宋代日中仏教交流史仏教史学研究 通号 1977-01-31 1-32詳細
日置 孝彦 (著)長芦宗賾にみられる念仏の理解印度学仏教学研究 通号 52 1978-03-20 337-340詳細
松浦 秀光 (著)十仏名について宗学研究 通号 26 1984-03-31 96-102(R)詳細
新田 雅章 (著)山内舜雄著『禅と天台止観』宗教研究 通号 273 1987-09-30 142-146詳細
東 郁雄 (著)天福本普勧坐禅儀について宗学研究 通号 33 1991-03-31 173-178(R)詳細
鏡島 元隆 (著)百丈古清規変化過程の一考察戒律の世界 通号 1993-05-25 551-568詳細
『普勧坐禅儀』の前文について道元思想大系 通号 8 1995-04 119-131(R)詳細
山内 舜雄 (著)坐禅儀と天台小止観道元思想大系 通号 8 1995-04 31-68(R)詳細
柴田 泰 (著)蓮社列祖としての延寿と宗賾印度学仏教学研究 通号 95 1999-12-20 190-195詳細
藤堂 俊英 (著)宋・日の蓮華勝会仏教学浄土学研究:香川孝雄博士古稀記念論集 通号 2001-03-16 493-512詳細
晴山 俊英 (著)清規にみる道元禅師の独自性宗学研究 通号 44 2002-03-31 169-174(R)詳細
阿川 正貫 (著)日本における水陸会仏教思想の受容と展開:宮林昭彦教授古稀記念論文集 通号 2 2004-02-13 189-203(R)詳細
椎名 宏雄 (著)黒水城文献『慈覚禅師勧化集』の出現駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 62 2004-03-31 15-42詳細
椎名 宏雄 (著)『禅苑清規』成立の背景印度学仏教学研究 通号 105 2004-12-20 149-157詳細
林 徳立 (著)『禅苑清規』は如何に変遷してきたのか印度学仏教学研究 通号 114 2008-03-20 213-216(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage