INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 実有 [SAT] 實有 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
仮有 (術語) (...)  施設有 (術語) (...)  四諦十六行相 (術語) (...)  nipāta (術語) (...)  三世実有説 (術語) (...)  瑜伽論 (文献) (...)  輪廻転生 (術語) (...)  夢の自性 (術語) (...)  倶舎論 (文献) (...)  三世 (術語) (...) 
-- 165 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7 8 9
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
高神 覺昇 (著)般若の宗教智山学報 通号 11 1923-07-15 54-63(R)詳細
木村 泰賢 (著)瑜伽経に及ぼせる仏教の影響思想 通号 60 1926-10-01 71-96詳細
加藤 精神 (著)唯識学に於ける種子説の発達に就いて日本仏教学協会年報 通号 4 1933-01 208-詳細
西 義雄 (著)説一切有部宗の根本法有論の研究常盤博士還暦記念仏教論叢 通号 1933-07-15 183-230(R)詳細
佐藤 密雄 (著)仏教教理史上に於ける諸法有論の地位日本仏教学協会年報 通号 10 1938-04 274-302詳細
舟橋 一哉 (著)三世実有説の一考察宗教研究 通号 106 1940-12-30 270-276(R)詳細
山口 益 (著)唯識の破析する極微説について宗教研究 通号 106 1940-12-30 395-400(R)詳細
結城 令聞 (著)唯識論者の外境実有論々駁東方学報・東京 通号 1943-07 -詳細
宅見 春雄 (著)仏教に於ける時間空間の問題仏教論叢 通号 2 1949-02-25 71-74(R)詳細
山口 益 (訳)唯識二十論の原典解釈(承前完結)仏教学研究 通号 4 1950-12-25 19-58詳細
結城 令聞 (著)唯識二十論の背景思想とその製作についての梗概東洋文化研究所紀要 通号 2 1951-09-20 203-244(L)詳細
加藤 精神 (著)有部宗の極微に関する古今の謬説を匡す印度学仏教学研究 通号 4 1954-03-30 224-226詳細
幡谷 明 (著)実有の論理印度学仏教学研究 通号 5 1954-09-25 121-122詳細
佐藤 賢順 (著)事と時について印度学仏教学研究 通号 6 1955-03-30 107-114詳細
佐々木 現順 (著)勝義有・世俗有・実有について印度学仏教学論叢:山口博士還暦記念 通号 1955-11-01 162-176(R)詳細
宅見 春雄 (著)婆沙論所出諸論師教説に就いて仏教論叢 通号 4 1956-03-05 57-59(R)詳細
塩入 良道 (著)三諦思想の基調としての仮印度学仏教学研究 通号 10 1957-03-30 110-119詳細
中村 元 (著)説一切有部の立場倫理学年報 通号 6 1957-04-20 241-270詳細
宅見 春雄 (著)部派門説の三世区分について仏教論叢 通号 6 1958-03-10 63-65(R)詳細
山田 恭道 (著)縁性の実有について印度学仏教学研究 通号 13 1958-12-01 229-232詳細
1 2 3 4 5 6 7 8 9
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage