INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 当山派 [SAT] 當山派 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
本山派 (術語) (...)  本山派 (分野) (...)  修験 (術語) (...)  金襴袈裟 (術語) (...)  天台系本山派 (分野) (...)  修験道 (分野) (...)  修験道教義書 (文献) (...)  一千百年忌 (術語) (...)  鳳閣寺 (術語) (...)  当山正大先達 (術語) (...) 
-- 34 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
金山 穆韶 (著)長覚尊師の教義と教主義密教研究 通号 59 1936-05-31 48-68詳細
鈴木 昭英 (著)修験道当山派の結成について印度学仏教学研究 通号 24 1964-03-31 224-227詳細
服部 如実 (著)私本・修験道記(二)密教学 通号 2 1966-03-10 1-19詳細
宮家 準 (著)修験道法度の社会的背景宗教研究 通号 214 1973-03-31 186-187(R)詳細
福井 良盟 (著)修験道教義書での本当二派印度学仏教学研究 通号 46 1975-03-31 356-361詳細
吉井 敏幸 (著)吉野大峰山と本山派当山派仏教史学研究 通号 1984-10-31 105-118(L)詳細
鈴木 昭英 (著)修験道当山派の教団組織と入峯弘法大師と真言宗 / 日本仏教宗史論集 通号 4 1984-12 360-407(R)詳細
内山 純子 (著)常陸における熊野信仰の展開日本仏教史学 通号 20 1985-12-25 10-22詳細
大森 惠子 (著)荼吉尼天と稲荷信仰俗信と仏教 / 仏教民俗学大系 通号 8 1992-11-30 259-277(R)詳細
宮家 準 (著)仏教と修験道仏教民俗学の諸問題 / 仏教民俗学大系 通号 1 1993-03-31 111-129(R)詳細
宮家 準 (著)追善供養の絵とき慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 通号 36 1993-09-30 63-73(L)詳細
大隅 和雄 (著)『神変大菩薩勅謚紀念大法要記録』醍醐寺文化財研究所研究紀要 通号 13 1993-12-20 -詳細
第十四回 日本山岳修験学会 醍醐寺大会に参加して山岳修験 通号 14 1994-11-20 107-109(R)詳細
第十四回 日本山岳修験学会 醍醐寺大会を開催して山岳修験 通号 14 1994-11-20 108-109(R)詳細
「醍醐寺文書」と修験道史料山岳修験 通号 14 1994-11-20 86-106(R)詳細
阿部 幹男 (著)当山派修験・善徳院の語り山岳修験 通号 14 1994-11-20 38-54(R)詳細
大隅 和雄 (著)醍醐の神々山岳修験 通号 14 1994-11-20 1-10(R)詳細
斉藤 明道 (著)修験道の神髄山岳修験 通号 14 1994-11-20 11-17(R)詳細
新城 美恵子 (著)発給文書から見た修験道本山派の組織構造山岳修験 通号 14 1994-11-20 55-69(R)詳細
鈴木 昭英 (著)修験道当山方別派三派について山岳修験 通号 14 1994-11-20 18-37(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage