INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 往相廻向 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
還相廻向 (術語) (...)  浄土観 (術語) (...)  教行信証 (文献) (...)  廻向 (術語) (...)  五念門 (術語) (...)  仏性即如来 (術語) (...)  現生正定聚 (術語) (...)  諸仏咨嗟 (術語) (...)  論註 (文献) (...)  利他 (術語) (...) 
-- 27 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
鷹谷 俊之 (著)悲母慈恩仏教思想講座 通号 9 1940-02-01 67-86(R)詳細
日野 環 (著)大谷大学図書館所蔵 影写本『宗祖御筆蹟集』の書誌学的価値について印度学仏教学研究 通号 8 1956-03-30 83-92詳細
日野 環 (著)往相廻向・還相廻向文類について大谷学報 通号 147 1960-12-20 1-12詳細
泉 覚性 (著)行巻の標挙に就て龍谷教学 通号 2 1967-06-15 149-154詳細
山田 行雄 (著)論註における往生の因果印度学仏教学研究 通号 38 1971-03-31 288-291詳細
松山 智光 (著)正定聚と度衆生心真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 16 1971-12-20 85-97詳細
石田 充之 (著)親鸞における円融の哲理の宗教的意義宗教研究 通号 218 1974-03-30 153-154(R)詳細
尾野 義宗 (著)往還の廻向成就についての一考察真宗研究会紀要 通号 8 1976-02-25 37-62(L)詳細
桑原 浄昭 (著)曇鸞発揮による往還二廻向義の意義印度学仏教学研究 通号 48 1976-03-31 144-145詳細
仁科 弘 (著)親鸞の二種廻向について印度学仏教学研究 通号 61 1982-12-25 189-192詳細
八田 隆司 (著)親鸞における「念仏」の問題比較思想の世界 通号 1987-05-30 240-253(R)詳細
寺川 俊昭 (著)親鸞の宗教的世界印度哲学仏教学 通号 4 1989-10-30 334-348詳細
神塚 淑子 (著)往と還中国宗教思想2 / 岩波講座東洋思想 通号 14 1990-01-30 252-263(R)詳細
菊村 紀彦 (著)往還二廻向と浄土(二)印度学仏教学研究 通号 79 1991-12-20 194-200詳細
菊村 紀彦 (著)往還二廻向と浄土(三)印度学仏教学研究 通号 81 1992-12-20 217-222詳細
奥田 謙敬 (著)還相廻向の現実的意義龍谷教学 通号 28 1993-06-01 45-49詳細
雲藤 義道 (著)親鸞の還相廻向について宗教研究 通号 299 1994-03-31 308-309(R)詳細
大峯 顕 ()現代における「いのち」の問題教学研究所紀要 通号 4 1995-09-30 1-31詳細
雲藤 義道 (著)願力廻向の世界日本仏教文化論叢:北畠典生博士古稀記念論文集 通号 2 1998-06-08 3-14詳細
岡 亮二 (著)親鸞に見る往相と還相の廻向行印度学仏教学研究 通号 95 1999-12-20 1-11詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage