INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 心性本浄 [SAT] 心性本淨 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
客塵煩悩 (術語) (...)  頓悟 (術語) (...)  自性清浄心 (術語) (...)  宝性論 (文献) (...)  仏在僧数 (術語) (...)  縁起 (術語) (...)  漸現観 (術語) (...) (術語) (...)  菩薩 (術語) (...)  十二支縁起 (術語) (...) 
-- 55 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
西 義雄 (著)根本仏教における「涅槃」に就いて東洋大学紀要 通号 3 1942-12-25 77-210詳細
西 義雄 (著)舎利弗阿毘曇論の部派仏教における資料論的地位印度学仏教学論集:宮本正尊教授還暦記念論文集 通号 1954-07 215-228(R)詳細
伊藤 古鑑 (著)本有円成仏について禅学研究 通号 46 1956-02-15 12-34(L)詳細
藤堂 恭俊 (著)竺法護訳出経典にみられる心浄説印度学仏教学研究 通号 9 1957-01-25 87-90詳細
紀野 一義 (著)インド仏教における罪について印度学仏教学研究 通号 11 1958-01-10 62-72詳細
西 義雄 (著)成仏道の基底としての一乗道について日本仏教学会年報 通号 24 1959-03 217-詳細
勝又 俊教 (著)心性本浄説の発達豊山学報 通号 6 1960-03-30 61-101詳細
宮坂 宥勝 (著)経量部の断片印度学仏教学研究 通号 20 1962-03-31 269-275詳細
西 義雄 (著)菩薩とその願praṇidhāna行caritaについて印度学仏教学研究 通号 22 1963-03-31 1-13詳細
干潟 竜祥 (著)水野弘元著『パーリ仏教を中心とした仏教の心識論』鈴木学術財団研究年報 通号 1 1965-03-31 85-88(L)詳細
清水 乞 (著)本尊仏の成立とその意義東洋大学大学院紀要 通号 2 1965-09-01 195-207詳細
香川 孝雄 (著)如来興顕経について印度学仏教学研究 通号 30 1967-03-31 198-201詳細
西 義雄 (著)般若経における菩薩の理念と実践大乗菩薩道の研究 通号 1968-03-20 1-159(R)詳細
香川 孝雄 (著)「仏種」について印度学仏教学研究 通号 33 1968-12-25 25-32詳細
石橋 真誡 (著)如来蔵縁起思想の起源印度学仏教学研究 通号 34 1969-03-31 231-233詳細
服部 正明 (著)禅とインド仏教禅の本質と人間の真理 通号 1969-08-15 509-524(R)詳細
西 義雄 (著)如来蔵思想の淵源に就いて印度学仏教学研究 通号 37 1970-12-25 1-11詳細
神谷 正義 (著)仏性について(一)仏教論叢 通号 15 1971-03-30 160-162(R)詳細
河村 孝照 (著)大乗涅槃経にもられた諸部派の思想宗教研究 通号 210 1972-03-31 140-142(R)詳細
水野 弘元 (著)心性本浄の意味印度学仏教学研究 通号 40 1972-03-31 8-16詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage