INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 念仏鏡 [SAT] 念佛鏡 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
西方要決 (文献) (...)  浄土十疑論 (文献) (...)  観心論 (文献) (...)  帝王年代録 (文献) (...)  五会念仏略法事儀讃 (文献) (...)  法事讃 (文献) (...)  郡疑論 (文献) (...)  大行 (人物) (...)  盧山蓮宗宝鑑 (文献) (...)  称名念仏 (術語) (...) 
-- 26 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
川崎 栄城 (著)善導大師之研究東洋学苑 通号 27 1933-04-01 51-94詳細
望月 信亨 (著)唐大行和上と道鏡等の念仏鏡浄土学 通号 10 1936-07-01 7-30詳細
高雄 義堅 (著)末法思想と諸家の態度(下)支那仏教史学 通号 1937-10-17 47-70詳細
小笠原 宣秀 (著)求生西方浄土念仏鏡考龍谷大学論集 通号 353 1956-10-15 172-181詳細
小笠原 宣秀 (著)仏説斎法清浄経 解説西域文化研究 通号 1 1958-03-31 214-215(R)詳細
金子 真補 (著)善導大師の教化伝道について高僧伝の研究:櫛田博士頌寿記念 通号 1973-06-08 751-772詳細
藤堂 恭俊 (著)震旦諸師の浄土教に関する著作〔第六巻〕浄土宗典籍研究 通号 1975-08-15 114-145(R)詳細
月輪 賢隆 (著)善導の著書と引文考宗学院論輯 通号 33 1976-03-15 1-29詳細
粂原 勇慈 (著)『西方要決』と『念仏鏡』宗教研究 通号 271 1987-03-31 231-233(R)詳細
前田 至成 (著)親鸞と宋代浄土教宗教研究 通号 271 1987-03-31 240-241(R)詳細
粂原 勇慈 (著)『念仏鏡』の対三階門仏教論叢 通号 31 1987-09-10 48-51(R)詳細
粂原 勇慈 (著)三階教の普行について印度学仏教学研究 通号 78 1991-03-20 107-111詳細あり
佐藤 成順 (著)元照の『阿弥陀経義疏』について大正大学研究紀要 通号 78 1993-03-15 25-48詳細
三宅 徹誠 (著)『念仏鏡』について印度学仏教学研究 通号 93 1998-12-20 76-78詳細
木村 清孝 (著)『念仏鏡』の一考察仏教文化の基調と展開:石上善応教授古稀記念論文集 通号 2 2001-05-10 63-75(R)詳細
伊吹 敦 (著)『念仏鏡』に見る禅の影響印度学仏教学研究 通号 101 2002-12-20 71-78詳細
伊吹 敦 (著)『念仏鏡』に見る八世紀後半の禅の動向東洋学論叢 通号 28 2003-03-30 95-111詳細
張 欣 (著)中唐大行和尚の生存年代について印度学仏教学研究 通号 105 2004-12-20 172-174詳細
伊吹 敦 (著)荷沢神会の影響禅文化 通号 195 2005-01-25 81-89(R)詳細
八力 広超 (著)臨終正念について印度哲学仏教学 通号 21 2006-10-30 131-145(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage